So-net無料ブログ作成
検索選択
前の6件 | -

俺節【書き起こし④】 [∞舞台]


俺節 書き起こし④



場所は業平橋ロマン座


舞台中央奥から

客が長円形のステージを

押して出てきてから

ステージを囲むように椅子に座る


店に先にたどり着いたのは

オキナワ。

気乗りしないコージは

オキナワを連れ戻すつもりが

逆に座らされてしまった



支配人:Tonight がっちりハメましょう~

 これより当劇場自慢の踊り子さんと

 しっとりずっぽり

 ねっとりしていただきましょう


トップバッターに出てきた

サンパウロ生まれの日系3世、

エドゥアルダは野球帽の男に

60分 8,000円で買われた


苦々しく見ていたコージ

見損なったぞ、オキナワ

何が?

何がって。こんなもん、おかしいべ

あのな、職業に貴賎なしって言うだろ。

立派な職業だ、

いいから座っとけ


押さえつけて座らされたので

コージはそっぽを向いている


次に出てきたのがテレサだったが

男たちの勢いに怖気づいて

一度、引っ込んでしまった



テレサのことに気づかないコージ

おらぁ帰えるわ

椅子を蹴るように立ち上がり

出口の階段へと急ぐ


コージ! コージ!

なんね!?

振り返って視界に入ったのは

壇上のテレサ


驚きで声の出ないコージをよそ眼に

さっそく値がついた

客:1万円!

客:1万1千円

客:1万2千円

客:1万3千円

客:1万5800円

支配人:1万5800円のお客様、

 決定~


値が上がるのを

頭を抱えて見ていたコージが

ついに口を開いた



1万6千円!

おらが1万6千円払うべ

おいっ

意外な展開に慌てるオキナワ



客:なんだよ、お前

 今、話 まとまったところだろ!?

支配人:申し訳ございません、

 あちらのお客様に決定~


コージに権利が移ったのもつかの間、

1万5800円の客も引き下がらない



客:1万8千!

2万!

客仲間たち:おおお

 2万あったらヘルス行けるぞ

客:2万1千

2万5千!

コージ、お前 むちゃすんなって

客:2万5千50円

3万!

客仲間:にーちゃん、5千円くらいだったら

 俺、貸すぞ

客:3万5千

4万!

支配人:お客さん、あんたほんとに

 そんなにお金持ってんの?

そんなに持ってねえよな、すいません


オキナワはコージのほとぼりをさまそうと

なだめる


支配人:では改めまして

 あちらのお客様に決定~


客が拍手しているなかで声をあげたのはテレサ

私、貸します!

私、お金貸します

そう言いながらコージを見る


へ?

貸します!

テレサの手はコージに

金額を言ってくれて!と言わんばかり


それを見て心を決めたコージは

片足でステージを踏み鳴らしながら

片手をパッと開いて突き出す


5万!



客:何よ、それ!?

 おかしいよ、そんなの。

 これで俺が「6万!」て言っても

 もうなんか違うじゃん。

 心がそっち向いてんの分かって抱くの、

 なんか……ええい

 こうなったら嫌がらせで

 抱いてやるよ。

 ほら、1万5800円!

支配人:いや。でもだってねぇ

客:あいつは金、持ってねえんだろ!?


支配人は一瞬迷ったが

確実にお金になるほうを選んだ


支配人:ありがとうございます



お金の無いコージは

テレサが客と去っていくのを

見送るしかないのだか…

捨て置けず

ついていってしまった



客につまみ出されてきたコージ

客:何?何?何?

 お金、無いんでしょう!?

(はっきりしっかりした声で)

堪忍してけろ!

客:別に怒ってないから。

 ついてくんなよ

いえ、歌で堪忍してけろ

止めとけって

5万円分歌うから。

堪忍してけろだ



そんな道理が通るはずもなく

コージは用心棒に

つまみ出されそうになった、その時



客:いいよいいよいいよ

 俺、聞いてみたいもん。

 5万分の歌ぁ!?

 な、歌ってみろよ、青年!!



自分から言い出したことだ、

コージが決意の声で言う


(とても強いはっきりした声!)

オキナワ!『北国の春!!』

お前、知らねぇからな



そう言いながらもオキナワが

ギターでストロークを一度



白樺 青空南風

こぶし咲。。。


おいっ!?


コージは我にかえって

歌えなくなってしまった



支配人:おい、つまみ出せ



歌えなくても

テレサを渡すわけにはいかない。

コージと客連中がもみ合いになった


この時、舞台下手階段向こうから

こっそり覗いて

成り行きを見守っていた

アイリーンや橋本さんも

加勢に飛び出してきて

もみくちゃ乱闘になる



客の胸ぐらをつかみ

あの故郷へ帰ろかな 帰ろうかな

コージは歌いきった








ストリッパー仲間が助けに来るのは

最初の頃は無かった。

コージとオキナワが二人で乱闘だった


仲間も一緒のほうが

”青春感”がある気がする


『北国の春』のストリングスをBGMに

乱闘を見ていると

”仲間のために一生懸命”

”好きな相手のために一生懸命”

何かのために必死なのが感じられて。

負けそうでも一生懸命で。

一生懸命さに泣けてくる

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

俺節 【書き起こし③】 [∞舞台]


俺節 書き起こし③



ストリッパーのマリアン姐さんは

年齢不詳ながら

30年踊ってるそうで

板の上で出来ないことは無いらしく

動きもそれなりにキレッキレ(笑)


おいくつですか?と問われると


マリアン:その質問に答えると

 この世界から戦争が無くなるというなら

 教えてあげてもいいけど…

 いいけど…いいけど…



マネージャーが踊り子を叩くものは

スリッパからティッシュの箱に

変更になった。

叩いた時の音が大事ではなくて

怒ることメインに考えたら

ティッシュの箱でいいもんね




その頃のみれん横丁 →ここです


夕方、コージが仲間と一緒に

土方仕事から帰ってきた



オキナワ、こっちさ来い

なんだよぉ

こっちさ来て労働者の

かぐわしき汗の匂いを堪能しろ

やぁだよぉだ

なしてだ!?

この汗と泥とほこりの匂いこそが

この横丁の匂いだべさ


って、コージが匂ってる

首に巻いたタオルは

毎回折り目がちゃんとついてる

新品…(笑)



住人:分かってから、コージ

住人:よーし、歌おう



♪土方仕事

仲間が歌いだすが

コージはヘルメットを抱えたまま。

声が出ない



住人:どうした?歌えよ

住人:そーれ



♪土方仕事

コージは声が出なくて

頭をかいているだけ…



悪りぃ悪りぃ、めぐせぇんだとよ

住人:めぐせぇ!?

へっへっへ(苦笑いのコージ)

住人:あれか!?プロを目指してる奴は

 こんなところじゃ歌いたくねえってか

いや



コージが「違う」と言いかけたところに

流しの大野が通りかかった →ここです



感激した住人たちが

大野を取り囲んで騒いでいる隙に

オキナワは大野から財布を盗み取った



なんだよぉ、みんな

しがない流しをありがたがってよぉ

良い歌だったけどな

呑み行かねぇか!?

銭こがねえ

あるよぉ!ははは

それ!?



大野の財布だと見破って

コージは驚く



オキナワ…

ほら、行こうぜ

でも、それ…

たまには景気のいい店、行くぜ



コージとオキナワが上手、

住人一人が下手へと道が分かれていく

(初期はコージとオキナワだけだった。

それが住人一人が下手にいるようになり。

ついには「お言葉に甘えて」

呑みについてこようとし、

分かれてはける時に「またな

手を振って分かれるようになった)








みれん横丁の住人になったコージが

ドヤ街の生活に慣れながらも

大野の歌によって

「歌で伝えるものがある」ことを

知った場面でした



ヘルメットを胸に抱いてる仕草は

かわいい。

大野の歌を聞き入ってる時は

端に寄りすぎて落ちないか!?

はらはら


目も耳も気持ちも惹きつけられる

場面でした

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ZIP!に久々でした [∞TVで語る]


ZIP! 2017.6.23


久々に長尺でした。

最近は取り上げてもらえなかったり

新聞紹介だけだったりしたので

寂しかったんだよ




ヤスはまだ俺節大阪公演を控えているので

2017-06-23T23:44:58.JPG

ベレー帽でした



今回、舞台の上でしか

コージにお目にかかれない。

帽子をかぶることで

コージとヤスを区別してる感じ



しっかりきっちり分けてるなぁ




ジュリエット通りのときは

2017-06-24T02:10:42.JPG

太一とヤスの境目はあんまり無かった



きっちり分ける気になったのは

なんでなんだろ!?

いつか知れるといいなぁ




◆ Never Say Never


ロックっていうんですか?


ヤスは

”ロック”が分からなかったんじゃない、

その表現で歌のイメージが伝わるか?

そこを気にしたんだと思う


テレビを見ている人に

出来るだけ分かりやすく伝えたいのが

ヤスの言葉選びの基準だもん

…結果、

とんちんかんになることもあるけどね(爆)


亮ちゃんが後押ししてくれて

安心してたのが

とってもヤス♡でした





◆関ジャニ∞がバンドに挑戦した理由


”挑戦”なんだ…



ヤスとマルちゃんは元々

V.WESTというバンドだった


V.WESTと関西ジャニーズJr.で

関ジャニ8


だからエイトがバンドするのは

ユニットの流れで自然なこと。

たっちょんがエイトに入ったのも

ドラムが出来たから



これ、ヘンな質問だったな





2017-06-24T01:39:15.JPG

何回見てもカッコいい♡

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

俺節【書き起こし②】 [∞舞台]


俺節 書き起こし②



オキナワがコージを連れてきたのは

みれん横丁


みれん横丁のテーマを歌いながら

ドヤ街の住人自ら

セットを引っ張ってきた。

「御宿かわせみ」「中華料理 幸楽」など、

店名に見覚えあるものも。


ドヤ街の住人役の方の中には

ミュージカルに出ている方もいて

揃って 歌がとてもうまい!

いいものが聞けます



住人:おおオキナワ、

 北野プロに許してもらえたか

それがよぉ、心のせまーい連中でよぉ

住人:土下座したのか



胸に大事そうに

ボストンバッグを抱えたコージは

早速住人たちに取り囲まれている



住人:あんちゃん、粉薬 買うか?

 女性でもなんでも紹介するよ

住人:お前、足 踏んだろう

あー、すいません

住人:悪いと思うなら肝臓出せや

夜逃げさんも当たり屋ちゃんも落ち着いて

住人:全部燃えちまえばいいんだ

放火魔くんもお静かにね

住人:なんだよ、よそ者は身ぐるみ剥ぐのが

 決まりだろ

よそ者じゃねぇよ、俺の友達だよ

住人:お前の友達だからって

俺たちの友達じゃねぇぞ



あっけにとられているコージに

「すまない」と身振りで表しながら

コージと並ぶオキナワ



陛下:まぁそう騒ぐな。 

 お前らにも人生にどん詰まって 

 この横丁に流れ着いた日があっただろう。

 思いだせ!あの日、

 みんなが 受け入れてくれたから 

 今ここにいるんじゃないのか!?

オキナワ、あの人は?

横丁の陛下だよ、

皇族のふりをした結婚詐欺師だな





陛下:ようこそ、みれん横丁へ。 

 これは私からの歓迎の気持ちだ



白いスーパーの袋から取り出したのは

串に刺さった肉



ばんべきゅ(BBQ)!?いいんだべか?

遠慮すんな、なあ!?

へば



串を受け取ると 住人たちに囲まれながら

コージはパクッとかぶりついた。

噛み締めて満面の笑みをみせるコージ



陛下:美味いか?

はいっ!

住人:おおお

でもこれ、なんの肉ですか?



住人たちは顔を見合わせるだけで

誰も答えようとしない。

しびれを切らしてコージがまた訊こうと

あのぉ



その時、車に犬がぶつかる音がした

陛下:何犬だ?

住人:柴犬だ

陛下:よーしとってこい、BBQだあー



大騒ぎで駆けつけていく住人達。

何の肉か、察したコージ…



この時、客席に背を向けて

チューリップハットの男の懐で

コージは何かをしている。

吐き出すものを口に含んでいるのかな!?



おおお、コージがお前らのために

毒見してくれたんだぞ

当り屋:分かってるよ、もう仲間だね

だとよ、よかったなコージ



そう言われても

素直に喜ぶことは出来ず

青いポリバケツの蓋を取り、

コージはその中に吐き戻した


固形物も混じって

”いかにも!”ってカンジで

毎回出し方が上手い



そのとき、舞台中央奥から

住人たちが戻って出てきた



住人:おーーい!

 すっげーーもん、拾ったぞ

住人:おい、すげーぞ。すげーぞ



テレサが両手両足を持たれて

運ばれてきた



陛下:いい加減にしろ。

 順番を決めよう

待ってください



テレサの言葉にお構いなく

住人たちは整然と1列に並ぶとズボンを下ろした、

が、

住人:びょ、病気持ちかもしれねぇぞ

よーしよしよしよし、

コージに毒見をさせよう。

おい、ズボン脱げ!



一斉にコージに駆け寄り

ズボンを脱がせようとしていたら

物を蹴散らす音がして

舞台中央奥からヤクザが登場



ヤクザ:あー、いたいた

 悪いな、それ うちのなんだ。

 うちの大事な商品!



一斉に両脇にひれ伏す住人たち。

オキナワはコージの頭も押さえつけ

ヤクザのことを見ないように

土下座させる



住人:すいませんでした



テレサが神に助けを求める言葉を発する

(これは始まった頃には無かった)

否応なしに連れ戻そうとするヤクザ。

何か言いたげになる住人たち



ヤクザ:あれ?まさかお前らグルんなって

 これを逃がそうとしたんじゃねぇよな!?

住人:いえいえ

きゃああ

住人:いやいや違いますよ

住人:違います、違います



その言葉も聞かず

ヤクザは住人に殴りかかった



ヤクザ:もういいよ、帰る

誰か…誰か…

ちょ、ちょっと待ってください



土下座したままコージが声を出した

おい、コージ!?

は、は、なんだべ。うまく言えねえけど

このままこの人、連れていかれるの、

おら、なんか嫌だな

ああああ



オキナワは

大慌てでコージを引き起こし

舞台上手階段のところに連れていく

あんなあ、アノ手の方々には

逆らうもんじゃねえよ

それが東京ってやつだべさ!?

お前の田舎だってそうだろうが

んだな、どこでも一緒だな



そう言いながらも

ヤクザに挑もうとしているコージ。

それを必死で止めるオキナワ



すいませんね、どーぞ行ってくださいな

ヤクザ:いや、俺はなんかムカついた



コージを一発殴った、

倒れ込むコージ



止めて下さい、帰りますから

ヤクザ:おい、もうちょっと殴っとけ



コージだけでなく

オキナワや他の住人たちも

ヤクザから一方的に殴られ蹴られる



ヤクザ:脱走するとこうやって知らない人にも

 迷惑かける



観念してヤクザの元に戻るテレサ



勘弁してください

(コージの頭を押さえつけ2人で土下座)

どうもすいませんでした

すいません

ヤクザ:行くか



去り際に最後、

オキナワを蹴りつけるも

ご苦労様です

抵抗せずに謝るのみ。

コージは土下座している背に

唾を吐きかけられた



(怒りの、凄みのある声で)

待て!

ヤクザ:俺らに言ったのか!?



コージは立ち上がり

背広の前立てをヤクザに差し出すようにして


謝れ!



コージ、頼むからもう黙ってろ

ヤクザ:今さらおめえに謝るかよ!?

おらにでねえ、背広に謝れ!

ヤクザ:なんだ?

ばっちゃの背広に謝れ!

ヤクザ:殴りすぎたんじゃないすか

ヤクザ:だよな



そう言ってヤクザがまたコージを蹴るも

今度はふらふらになりながらも

コージは決して倒れなかった



この背広に くに、しょってんだ

ヤクザ:あっそう



殴られ蹴られても負けずに言う


これだば二度とばっちゃに顔、

あわせられねえべしゃ


ヤクザ:かわいそうにな

(そう言いながら殴る蹴る)

ヤクザ:なんの話、してんだよ


何度殴られ蹴られても

コージは引き下がらない


2017-06-19T10:35:11.JPG

謝れ! やんだば 殺せぇ!


ヤクザ:意味、わかんねえよ

ヤクザ:乞食殺してつかまったんじゃ

 シャレんなんないすよ。

 行きましょうや


待て!おらの番だ。

次はおらがおらの武器で

あんたらを殴るぞ!



鯵ヶ沢を出る時、

おらんだって武器ある

そう言ってた武器……



(キーンとした音が流れる。

これが音程の確認と思われる)



凍てつく

『港;吉幾三』


息も絶え絶えになりながら

腹の底から声を絞り出して歌う。。。

(この時の歌を文字にすることは出来ない。

コージの気力迫力を書き表す能力は

私にはありません)



あまりの気迫に

思わずオキナワが声をかける


おい、コージ!


港で


歌が続くことを確かめると

オキナワは慌ててギターを手にして

伴奏を付ける、

と同時に住人達はコーラス隊となる



コージのソロ、

オキナワのギター、

住人達のコーラス、

全て合わさって響いてくる



歌い終わるとコージは

頭を客席側にして

バタリとあおむけで倒れた



コージ!

ヤクザ:2番まで歌われたら

 謝っちまうところだった

助けなくちゃ

ヤクザ:行けっ!

すいません



後ろ髪引かれながら

ヤクザと去っていくテレサ


ヤクザがいなくなると同時に

住人達みんながコージの周りに集まった


コージ! コージ!

住人:死んだんじゃねえのか

住人:返事がない

陛下:よし、身ぐるみ剥げ

住人:おーー

おーい

住人:手当するぞ、奥へ運べ



大の字のまま持ち上げられ

運ばれていくコージ。

みれん横丁の一員になった瞬間でもあった








ばっちゃの背広に謝れ!

愛情を感じながら育った者の言葉です。

ばっちゃとコージの愛にホロリとする




『港』

声と迫力に圧倒される。

この歌詞を気持ちのこもった声で聴けば

ヤクザも自分を待っててくれる人を

思い出すよなぁ



誰のためでもなく、

自分の気持ちを曲げずに立ち向かうコージ。

すでにここで泣かされるよ






テレサはセリフが増えてる、靴も変わった。

初日はヒールのある、

夏用サンダルって感じのもので

セリフ言いながら脱ぐのがたいへんそうだった

(このシーンは後で出てくる)



私がすごく気になったのは表情。

自分を救うために

コージがやくざに殴られている時も

テレサは微笑んでいる…

(これはWSで流れたフォトコールを見れば

ばっちり映ってる)



自分のために他人が殴られてることよりも

自分のために戦うひとがいる喜び!?


日本語がわからない!?

いやいや、殴る蹴るは見えてる…

だから

テレサの微笑みをどう解釈していいのか、

分からなかった



でも一言もセリフが無かったのが

セリフが付くようになり

テレサの気持ちが説明されて

ちょっとすっきり(笑)

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安田章大の中の海驢耕治から [∞会報・レンジャー]


関ジャニ戦隊∞レンジャー 2017.6.22


ヤスは『俺節』のこと



ソロ仕事の時は

必ずレンジャーに

自分の気持ちを書いてくれる


ライターさんをはさまず

言葉をくれるのは嬉しいなぁ




俺節のカンパニーが最高なのは

カテコを見れば

よーーーく分かる!

とてもとても温かくて

楽しいカンパニーなのが

バンバン伝わってくるよ



俺節との縁はヤス自身が

手繰り寄せたもの。

そこは自分で自分を褒めたらいいんだよ!




赤坂actシアターにいたのは

海驢耕治だった!!

コージの、

生きることへのひたむきさに

何度も何度も泣かされたわ



赤坂にいた海驢耕治のことを語れるのは

ヤスしかいない…

書いてくれて ありがとう




まだまだ俺節は終わらない。

コージになって

人の心に残ろうと頑張るヤスが

めっちゃ楽しみ♡

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

俺節【書き起こし①】 [∞舞台]


俺節 



私の中で覚えておきたいところを

記憶しておく



六角さんが雑誌のコラムで

『俺節』に出ていて

「これまでの数公演、

自分のプラン通りに事が

完璧に運んだためしは

一度もない。

体が勝手に間違える」と。


そうなんだ!ってカンジ。

単語の順が入れ替わってたのは

ミスってたのかも、だったんだ




ヤスがセリフを噛んだり

ミスったことはない、と思う。

アドリブ以外、

セリフも歌も大事にしている




※コージは青、オキナワは赤、

テレサはピンク。

覚えてることだけなので

繋がっているようで

抜けているところも多々。

私の中に残っていることだけです






プロジェクションマッピングで

吹雪の鯵ヶ沢になっている。

舞台上手から

コージの婆と取り立て屋2人が歩いて登場。



男:なんだよ、まぁたこんだけかよ!?

 こんな港町まで足を運ぶ身にもなってけろ

婆:へへ、すんませーん

男:あんなぁ。なんぼ利子払ったって

 借金は同じだって

婆:はあ!?わかんねぇよ

男:わかんねえじゃねえよ。

 だいたい、一人で孫育ててる婆さんのところによ、

 毎度取り立てに来るの、気分悪いんだよ

婆:はあ、そんなもんだべか

男:あの孫は達者なのかよ!?

 ふへっへっへ(笑)



舞台下手、鯵ヶ沢駅のベンチに

コージが一人で座っている。

首にはマフラー、ジャンパーを着て

くたびれたGパンに雪長靴。

手はかじかんで

寒そうに背を丸めている



婆:おかげさまで

男:人ん目見て 話せねえ男だったよな

 大丈夫か?

男:しっかり孝行してもらえよ



聞こえていないようで

コージのところに進んでいく婆



男:おいっ、おいっ。

男:ちっ、また来月な



風の音が一段と激しくなった



ばっちゃ

(婆が来たことに気づいた声)

婆;おお、間に合ったべ

ばっちゃ

(婆に会えてほっとした声)

堪忍な

婆:東京は謝りながら行くところでねえ

 うぃえ



腰の曲がった婆は

手ぬぐいでほっかむりしていて

表情はほとんど見えない



婆:婆は流行りがわがらねがら

 これでいいべ



風呂敷包みを

コージに押し付けるように渡すと

背中の荷物を降ろし

ベンチに腰掛けタバコを吸いだす。

コージが風呂敷包みを開けると

出てきたのは背広だった。

右手で背広の上衣を客席に分かるよう、

掲げてから胸に抱き

ベンチの婆に駆け寄る



背広? へ? 銭こ、どした?

婆:へへへ

ばっちゃ

(問いただす、強めの口調)

婆:おめ、一人か?

へ?

婆:見送りは?

 おめに友達も作ってやれなかったな

んなもん、

ばっちゃが気にすることでねえべさ

(気にするなと言わんばかりの明るい声)

婆:それさえ着てれば

 おめもいっちょまえの都会の人間だ

 なんも恥ずかしいことはねえ

 恥ずかしいことは…ねえんだ

ばっちゃ

(優しい声)

ばっちゃ

婆:んで、おめ東京で何すんだ?

 まんず



(故郷を振り切る強い声で)

おらぁ、もう負けたくねえ。

笑われるても、こりごりだ。

でも、おらんだって

武器あるって気付いたべ

婆:武器?

ああ。世の中、とっくり返してやる!



コージは自分で自分の武器が

分かってるんだ。。。


入ってきた列車に乗り込むように

コージは風呂敷包みを胸に抱いて

下手袖に走って去っていく


スーツ姿の男女が行き交い

慌ただしい東京の街。

ばっちゃからの背広に着替えたコージが

ボストンバッグを胸に抱え

舞台中央に出てくると

がばっと土下座する。

額は地面にこすりついている



誰に言うともなく、顔をあげ

大きな声で


海驢耕治と申します。

何卒よろしくお願いします


名乗ったあとは

また額を地面にこすりつけた



そんなことに気づかない男3人。

演歌歌手北野波平の関係者だ

男:で、何時まで呑んでたの?

男:8時ですよ、朝の。

男:俺も若い頃やられたよ。

 先生、長っ尻だよな

男:焼肉のあとのカラオケが長くて。

 『真夏の果実』を12回、歌ったんですよ、

 あの演歌の大御所が!

男:12回も!?

男:1時間に12回?

男:(コージに気づいて仲間を制し)

 ちょっと待って!

 (コージを見ながら)

 きみ、何してんの?


はっ、あ、あの、北野波平先生の

男:弟子入り希望の人?

(元気よくはっきりと)はいっ!

男:あっそう。

 じゃあもう少し向こうでやって

 (遠くを指さし)邪魔だから

はいっ



コージは勢いよく跳ね上がり

舞台下手に移動して

再び土下座していたら

着物姿の北野波平が

鼻歌を歌いながら帰ってきた



♪四六時中も好きと言って



一同:おはようございます

北野:おはよー

大橋:先生、5分後に女性誌の取材が

北野:うん、分かった



うつむいたままコージが

声を張り上げた



すいません、

北野波平先生でしょうか!?

北野:ああ。そーだよー

おら、先生の大ファンでございます

北野:あそう、ありがとう

 ♪夢の中で



話半分で北野は取材があるからと

奥へ去って行ったが、

その背中に向かって



弟子にしてけろ!

大橋:はいはい、先生は今、

 弟子取ってないんだよ

だども

大橋:だいたいいまどき演歌やりたがる変人、

 弟子にしたくねえよ

え?



言葉が続かなくて呆然としていると

舞台上手から

ギターをかき鳴らしながら

オキナワ登場



まあまあまあま、そうつれないこと、

言いなさんな

大橋:おまえは

この子、かれこれ4時間は

土下座してたよ。

いやあ、見上げた根性だよね。

ま、それを4時間見守っていた俺も

たいした根性です。

てわけで、

彼を弟子にしてやっては

もらえませんか?

優しい人だな

よく言われるよ。さあ、彼を弟子に。

そして私を赦してください

はい?

大橋:オキナワ!お前は二度と

 先生の前に顔を出すな!と

 言ったはずだよな!?

う~~ん…

大橋:言ったんだよ、こないだ



そこへ北野が戻ってきた



北野:大橋、何が女性誌の取材だ。

 来てんの、男ばっかりじゃないか。

 おおお、オキナワか!?

これはこれは、その節はどうも

北野:お前、元気でやってるのか!?

えへへ

大橋:先生、財布泥棒になんか

 声かけなくていいんですよ

財布なんか盗んでねぇよ。

財布の中身をちょいと抜いただけだろ

北野:それを財布泥棒て言うんだよ

弟子にしてけろ!

北野:はあ!?



ここまで土下座していたコージが

顔をあげ猛然と北野の前に進み出て

はっきりと言った



人殺し以外、何でもやるすけ。

津軽から出てきたんす。

ばっちゃ一人置いて。

おらには歌しかねえって出てきたんす



北野:坊や、それはみんな一緒だよ。

 ここは俺の会社だ。

 歌しかねぇってやつばっかり

 集まってるんだ

そこらへんの人たちと

一緒にしねえでけれべさ。

北野先生以外に本気の人、

いるように見えねえですけど

北野:ほらほらほらほら、

 みんな言われてるぞ、ほら

喧嘩を売ってるわけでねえべさ。

ただ



足に力を入れて一歩前に進み出て

居並ぶ弟子たちを見回しながら

コージが続けて言う



本当に歌しかねえって人が

ここにいるなら会ってみてえから

一歩前に出てきてけろ



興奮して一気にまくし立てたからか、

一同静かになり

コージのはあはあした息遣いが

聞こえる



はははは、おもしれえな。

おい、お前、おもしれえよ!

北野のおっさん、1曲!

1曲歌わせてみようぜ。

それで決めればいい

大橋:先生は忙しいんだよ



構わずオキナワは北野に言う



あんたもこいつの歌、

聞きたくなってんだろ!?

北野:のった!



オキナワがコージ向かって言う

おいおい、『なみだ船』でいいか?!

はいっ!

一発かまして

さっさと弟子になっちまおうぜ

(意を決した気合の入った声)へば!



オキナワのギターに乗せて

コージが目を閉じて気持ちよさそうに

歌い始めた



なぁーーみだのぉーーー

 終わりの。。。



そこで突然、振り返って

オキナワのギターのネックを

両手で押さえるコージ



おい、どうした!?

あっ…

もう一回やって



イントロを弾き始めたオキナワを

コージが制した



どうした!?

みんな、見てるから

はっ!?

人前で歌うの、めぐせくて

めぐせってなんだ?



何が起こったのか分からず

オキナワ以外の人から笑われた



大橋:もう来んなよ



そういうと全員引き揚げていき、

残ったのはコージとオキナワだけ



ちきしょー

すいません

なんなんだよ、お前は

いっつもだ

はあ!?

いっつもそうなんだ。

こんなごとばかり

繰り返してきたんだ



その場に膝から崩れ落ちるコージ



いや、まあそう落ち込むなよ

おらでなくて、あんたが歌えば

よがったね

おれ?俺はムリムリ。

俺はこっち専門(ギターを見せる)

へ?

曲作りよ、曲作り!

北野のおっさんはよ、

自前の作曲家集団囲ってるから

俺もいっちょがみしたいと思って

もぐりこんだんだけど。

まあいろいろあって首よ

いろいろって!?



それには答えず

呑みに行かねえか!?

よし!行こう

あー、銭こがねぇっす

なんだとぉ、俺だってないんだぞ

おまけに宿もねぇっす

あららぁ

はい

よーし、俺の城に来るか!?

へ?

東京でいっちばんいい場所だぜ!

そうと決まればさあ。

お前よ、迷子になるんだから

ちゃんとついて来いよ








コージとオキナワが出会いました。

ばっちゃのためにも!と

ばっちゃの気持ちも背負って

『なみだ船』を歌うコージの歌声と気持ちに

泣きそうになったよ



オキナワがコージに北野のところを

首になった理由を訊かれて

いろいろって?

いろいろってことよ!

と答えてた時もあった。

オキナワの、声の切り替えに

コージの、歌えなかった悔しさも

救われた感じがしたなぁ

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の6件 | -