So-net無料ブログ作成

安田章大の”こころ” [∞雑誌・書籍]

 

QLAP! 2017.5月号

『俺節』主演のヤス

 

 

ちょっと大人なアイドル

2017-04-15T15:30:18.JPG

 

 

前作の『ジュリエット通り』から

2年半経っての『俺節』

 

2年半という期間は

自分の引き出しを増やしたり、

マルチプレーヤーになるための

準備をする期間だったのかも

 

 

映画『ばしゃ馬さん』で高い評価を受け、

舞台『ジュリエット通り』で

難解な岩松作品に取り組んでも

その次の演技仕事は 

なかなかオファーが無く

ひたすら自分磨きをしていたヤス

 

ヤスはジャニーズの人間だから

芝居も歌も!!

なんでもやる

 

 

僕はマルチでありながらも、

どの仕事も高いクオリティで

こなせるようになりたいなって。

そのために、いただいた仕事に

一つひとつ真剣に向き合ってきた

 

 

このヤスの言葉で思い浮かんだのは

身勝手なワガママ

贅沢なワガママ ここです

 

いただいた仕事に

いつでも向き合えるよう

しっかり準備しておいて

色んな仕事をしたい

 

そう言ってから

ちゃんとそれを実行していたんだ

 

きっとそうしているんだと

思っていたけど

改めて聞くと拍手を送りたくなる

 

 

2017-04-15T17:56:12.JPG

 

今回の舞台は

ミュージカルではないけど

演歌を歌うシーンがあるのが楽しみ

 

ヤスがコブシを回して歌うのも

聞けそう

 

コージというキャラクターを背負って

観客には”コージが歌ってる”と

感じてもらわなきゃいけない

 

 

ヤスって

声で曲の世界を表現できる人

 

だから曲のあるシーンでは

歌うことで

登場人物の気持ちを

表現してくれるに違いない

 

 

会場を出ても一人ひとりの中に

コージが生きていて、

何か影響を与えるものに

必ずなるって信じているんです

 

そんな舞台を

みせてくれるくれるんだね

 

気合と覚悟を感じるよ

 

 

 

 

 

『俺節』

自分名義で

大千秋楽に当選することが出来ました

 

私の名前の入った大千秋楽のチケット、

大事にします


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0