So-net無料ブログ作成
検索選択

安田章大が原作の根っこにあるものを届けてくれる [∞雑誌・書籍]


SATGE SQUARE vol.26

2017.4.27発行


買って何日も経つけど

やっぱり私の中では

この雑誌は16ページからしか

始まらない





2017-04-28T06:21:56.JPG

この顔つきが

稽古を経て

舞台ではどう変化しているのか


初日が待ち遠しくなってきました




マンガのキャラクターを

生き物として存在させるために、

僕たちは気持ちを込めて

『俺節』の世界を演じます。

それで、観終わったお客様から

「コージたちは、この地球上で

実際に生きているんだな」

と思ってもらえるような仕上がりに

なればいいなあと思っているんです。


舞台で演じることの責任感が

伝わってくる言葉です





舞台は生もので毎回芝居が変わる



その中でヤスが今回伝えたいのは


感情をコントロールしながら

必死でバランスを保って生きている、

けれども率直で生々しい姿



伝えたいことが福士さんと

しっかり統一されているのは頼もしい


二人の芝居と歌とギターが

どんな熱量で飛んでくるのか、

すごーく楽しみ!




福士さんがヤスのことを

2017-04-28T06:23:52.JPG

「佇まいがニュートラル。

いい意味で気負いがない。

懐が深い」って!


それはヤスの中に

”こんなふうに観られたい”

というヘンな欲がないからだろうな




自分のイメージ付けは自分でしない、

自分をさらけ出すことを怖がらない、

それが安田章大なんだと思う


nice!(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2