So-net無料ブログ作成
検索選択

俺節【書き起こし⑦】 [∞舞台]


俺節 書き起こし 7



いつものスナックで

大野に付いて流しをしていた時、

大野が用足しの間、

コージが歌うことになった。

とたんに緊張するコージ



コージ、落ち着け、

これはただの場繋ぎだ

大丈夫だ、今あの人が

どんな歌を聞きたいのか、

予想しているところだ

客:小林旭、頼むよ

はいっ

分かったぁ。あの人はきっと

小林旭を聞きたがっている

お前の予想を信じよう

『北へ』でいいか?

もちろんもちろん。

じゃ、キー確認しとけよ

はぁーー(めちゃくちゃ高い)

高いよ、

聖歌隊にでもなるつもりかい!?

もっと低いの、低いの

あああぁーー

しゃくるな

あんなぁ、小さな声でも聞いてもらえるから

まずは人前で歌うことに慣れろ



そのとき、

静かに北野と大橋が

店内に入ってきたことには

二人とも気付いていなかった



客:よっ

へば


名もない港に


オキナワの伴奏で

コージが気持ちよさそうに歌う。

客はやんやと拍手している






この歌、とても上手い。

声が伸びやかで

晴れ晴れとした歌いっぷり。

気持ちよさそうに

朗々と歌い上げるコージは

ほんとに上手いなぁ…

だけど鳥肌モンではない。

歌に感情が入っていないのか、

「絵」は浮かんでくるけど

「情景」は思い描けない。

機械的な上手さなんだよなぁ


舞台が続いて声が出にくい時は

ブレスに工夫したりして

ちゃんときれいな歌にしていたのは

経験値が活かされてると思ったよ




大橋:この店の流しってあれ?

 ごめん、出るわ。

 店、間違えちゃったみたい

あれ!?お前、大橋じゃねぇか

大橋:呼び捨てにすんなよ

てことはそのサングラスは

北野波平だな!?

大橋:呼び捨てにすんなって

客:ええっ!?

北野:北野、波平です

解ってるよ

北野:青函トンネルの北の入り口、

 北海道上磯郡知内町の出身でございます。

 歌に真心を込め、それだけを

 愚直に取り組んでまいりました。

 どうぞ皆様、ごひいきに



北野先生の口上はどの場面でも変わらず。

芸能へのブレの無さが表れていた


えっと恥ずかしながら 私はこの口上で

青函トンネルの入り口の地名を知りました





大橋:先生、こいつらはファンの方じゃないので

北野:そうだったな

大橋:オキナワですよ、ほら。

 こないだクビにした

北野:おおおおオキナワか。

 お前、元気にやってるのか?

なんだよ!?俺たちの顔を忘れたのかよ

大橋:先生がこの通りに馴染みの、

 いい流しがいるっていうから来たんだぜ。

 そしたらのど自慢の若造しかいねぇから

 帰るとこだよ



北野波平だと分かった時から

店の片隅で頭を抱えていたコージ。

言いたいことがありそうだけど

口を開くことはできない。。。

もじもじするばかり



なんだと、このやろー

北野:大橋、お前はほんとに口が悪いねぇ。

 悪かったな、こいつは口は悪いし臭いし。

 困ったもんだ、失礼しました



階段を上がって帰りかけた北野に

コージの、思い切った声が飛んだ


北野先生はどう思ったんだべか!?


あまりの勢いに静まり返った店内に

コージの声が続く


その…おらの歌、

のどに詰まったと思ったんだべか!?


迫力にオキナワも驚いていた


どう思ったんだべ!?



真剣なコージに

北野も真剣な声で話し始めた

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0