So-net無料ブログ作成

俺節【書き起こし⑧】 [∞舞台]


俺節 書き起こし8



スナック店内でコージの歌について

北野が問いかける



北野:君は今、誰のために歌ったんだ?

それは、もちろん、このお客さんのために

北野:そうだろうねぇ。

 ではお客さんのために歌っていたそのとき、

 君はどこにいたんだね?

質問の意味が分かんねぇよ

北野:じゃあ質問を変えよう。

 お客さんのために歌うというのは

 具体的にはどういうことだ?

心を込めて

北野:そう、それ。よく言う言葉だね。

 でも、心にもいろいろあるよ。

 今、君が込めた心というものは

 いったいどんな心だったんだ?


返事のできないコージに向けて

北野は言葉を続ける

 

北野:名もない港に桃の花は咲けど

 旅の宿にはやすらぎはないさ、と

 君は歌った。

 歌の情景が目に浮かんだよ。

 表現力はあるようだな。

 だが私には、その情景、歌の景色の中に

 君の姿が見えなかった。

 なぜだと思うね?


答えられないコージに向かって

容赦ない口調で北野が言う


北野:客のために歌いすぎたからだ!

 流しの悪いクセだな

でもよ


そんなオキナワの言葉をものともせず

北野はさらに激しくコージに浴びせる


北野:君の歌の中には君がいない!

 以上だ


うなだれるコージに

北野が激しくも諭すように言う


北野:君の歌の中に君がいない。

 君の歌は

 差出人の書いていない手紙のようだったよ。

 誰から送られてきたか分からない、

 そんな手紙、私なら

 気持ちが悪くて開けたくないね。

 君の歌の差出人は

 もちろん君であるはずだ。

 だったら封筒に

 君の名前をはっきりと書くべきだ。

 客のため?何様だ?

 自分の無い歌が誰かのためになるなんて

 なるもんか!?

でもよぉ、そんな、自分自分で歌ったら

この客の気持ちはどうなるんだよ!?


北野:だから客は歌い手の中に

 自分をみるのだ。

 歌い手の背中に自分を感じるのだ。

 ならば君の歌の風景の中には

 まず君が一人で立つべきだろう。

 歌の中で嵐が吹き荒れたのなら

 ずぶぬれになるべきは君だ。

 歌で大地が引き裂かれたら

 奈落の底に落ちるべきは君だ。

 歌で誰かが死ぬのなら君が死ね。

 客を殺すな。

 その屍を見て客は

 自分のことのように涙を流すだろう。

 歌は君自身でなければならない。

 今歌ってる歌を否定されたら

 君の全てが否定される、

 そんな歌を歌いたまえ



熱をもって一気にまくし立てる、

北野の言葉を聞きながら

コージはうなだれるばかり。

言い返すものを持っていなかった



北野:あっ、喋りすぎたな。

 場を白けさせたお詫びに

 1曲歌わせていただきます。

♪ちらし寿司なーらー

大橋:先生、先生!

 逆にへんな空気になっちゃいますから

北野:じゃ、行くか。北野波平でした





ここは西岡徳馬さんの

見せ場でした。

いや、

自分を魅せようというのではなく、

演歌歌手として

心からコージに言い聞かせている、

そんな気合がありました


永谷園の寿司太郎って

北島三郎さんがCMしてたから

歌ったんだよね、

西岡さんは”へたうま”って感じで

それもよかった(笑)



客:本物、初めて見た

大野:流しの悪いクセとは

 言いやがるねぇ



周りとかかけ離れた様子で

コージはうなだれたまま。

それに気づいてオキナワが言葉をかける


おい、コージ。

俺はお前が…

お前がお前の歌を歌ってるところ、

ちゃんと見たからな。


おい、コージ、

聞いてんのかよ!?

コージ!!



コージが自分で歌えるようになるには

どうしても心に留め置かないといけない、

北野波平からの大事な場面でした

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1