So-net無料ブログ作成
検索選択

Black of night 覚書 [∞歌]

 

Black of night について

 

先ずはエイタメ魂京セラドームまでに

書き溜めていたことから ↓

 

思い付いたことを

そのたびに追記して記録しておく、

私の曲読み解き記録

 

 

☆ピアノの高音のメロディが

♪ 腕の中でもがく姿は

今にもこぼれ落ちそうで ♪

になっているのは

ピアノ音が立っていて

歌の印象が残るポイントになっている

 

 

☆大サビが横ちょ、亮ちゃん、ヤスの3人。

これは初めてのパターンかも。

亮ちゃんを下ハモで十分に生かしながらも

サビにも外さず使うところが

声のバランスというか、

使いどころをきっちり決めてる

 

 

☆たっちょんの声

声自体に特徴があり、

よく聞こえてくるのを活かして

主メロ寄りに歌わせてる量が多いかも。

そうすることで

メロディを際立たせる効果あり!?

 

 

☆亮ちゃんの声をアクセント的に使って

存在感を出すためにも

歌いだしは亮ちゃん以外で。

リズムが取れる人を選んだのか!? 

大幅にニュアンスを

入れないことも考慮して(爆)

 


↑ ここまでが京セラドームに行くまで。

 

その後、関ジャムでも一度、

Black of night を披露した

 

ライブコンサート、テレビ、

そのどれもが口パクだった。

 

踊ることに重点を置いているからだな

 

 

この曲の作詞作曲はヤス。

関ジャニ∞が持っていない曲って

考えたと言っていた

 

すばるは

ただのダンスナンバーじゃなくて

こんなふうに踊ったら

キャーキャー言ってもらえるって

分かってる曲

 

亮ちゃんは

こういうパフォーマンスをしよう!と

頭に置きながら作ってる

 

 

歌う曲でなく、

ダンス曲なことはこれで明白

 

今の関ジャニ∞に必要なダンス曲!

ということで作ったのであって、

歌詞に重きを置いて

メッセージを込めて作った曲とは

ちょっと違う気がする

 

 

ヤス自身、音楽雑誌で

関ジャニ∞の曲と、自分個人的に書いた曲は

完全に分けてます。

関ジャニ∞で曲を作る時は客観視ができる

と語っていた。

今のヤスは曲作りに関して

私的なことを表に出すほど、

貧困な発想の持ち主ではないと思ってる

 

さじ加減を

細かく分析して作るのがおもしろい

だからこの曲は

 

関ジャニ∞がダンスしているのを

ファンが喜ぶための曲

 

歌にとらわれて

パフォーマンスのクオリティを

下げないためにも

今の段階では口パクなんだろうな

 

 

同じような理由だと思うが

・Steal your love

・The Light

・ハダカ

これもライブでは一部分が

口パクかぶせだった。

みせるもののクオリティを下げないことを

選択したんだと思う。

それもアリ!だな

 

 

ピアノスコアを見ても

言葉の詰め方がとても緻密で…

フレーズやコードがある程度出来てから

メロディを付け、詞を思い浮かべた、

言葉の持つメロディをつないでいった

そんな感じがする

 

 

作ったのは2年半ほど前、

ということは

ジュリエット通りの稽古中くらいかな!?

人間の嫉妬や欲望…

歌詞はそんな舞台内容からの影響もあるのかも

 

カゴツルベの頃に作った曲も

世界観とかガッツリそっちに寄ってて

「宙 月 星 草 木」という題名だった

 

思いついたことを並べて

歌詞に仕上げていった

…やはりそんな感じ

 

 

 

脳内単純な私に考えられるのは

今のところ これくらい。

目の前にあるものでしか考えられない単細胞な私には

「ヤスの闇」とか分からん。。。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハダカ [∞歌]

 

ハダカ

作詞:横山裕 作曲:渋谷すばる

 

先にすばるがメロディラインを作って

そこに横ちょが歌詞を当てた

 

すばるが先!というところが

ポイント、か…

 

 

PCにソフトを入れ、

それで曲作りすることを覚えた、

と言っていたすばる。 

だから

打ち込みで作ることも出来たはず

 

でもそうではなくて、

すばるの作りたい曲というより

「横山裕を活かす曲」な感じがする

 

 

自分の好きなように作った、

というより

他の2ユニットとのバランスも考え

今の横ちょとやるなら

こんなのがいいだろう、

今の自分達ならこんなふうに出来るだろう、

ってね

 

横ちょの声質やキーは

正直 合わせにくいというか、

独特な良さがあって。

曲が後なら 

キーも歌詞の内容も踏まえて

作ることができる

 

けど 今回は

相手を想像しながら

すばるが先に曲を作った!

というのが私の中では

とても新鮮で!

 

すばるがユニットを意識して作った!!

 

 

というわけで

この曲は

ライブでのパフォーマンスが楽しみ♪

 

元気魂での 

my storeみたいなもんだと思ってる。

3ユニットのバランスありき!

 

 

もちろん、横ちょの歌詞も

曲にぴったり合わせてあって

素晴らしい

 

難解な言葉は一つもなくて

ストレートなのに

歌詞の向こうに広がりがある。

聞き手によっていろんなふうに

イメージ出来るっていう感じがいい

 

 

以上、私がこの曲を

ライブで見て聞くのが楽しみな理由を

書いてみました(笑)

 

 

 

バナナジュースは亮ちゃん作詞だった。

いつかぜひ

横ちょ作詞、錦戸亮作曲のも

お願いしたいと思っております。

想像がつかなさ過ぎて

聞いてみたいんだよ


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

8o'clockの初出し [∞歌]

 

8o'clockの初出し

 

2005年 

関ジャニ∞が初めて大阪城ホールで

単独コンサートをしました。

 

 

大阪城ホールで単独コンサート

彼らがずーっと口にしていた夢でした

 

その前年のやぐらダンスも

けっこうエイトコンみたいだったけど、

名前的には2005年が初!城ホ

 

 

エイトの直前に嵐が城ホでコンサートしていて。

きらびやかなセット、特効、

電飾いっぱいのメインステ、

ポップアップ、リフター、クレーン……

嵐の時にあったものが三日間で

きれいさっぱり無くなってる。。。

 

唯一 トロッコだけは残してもらえた

 

衣装も新調されたものではなく、

Hey! Say!ドリボで着ていたもの

 

ジャニーさんの

「ユーたちはお金、かけなくていいから」

「ユーたちが動けばいいから」

の言葉が実行されてた初城ホでした(笑)

 

 

サマスペ前夜祭は

亮ちゃんのお詫びの言葉から始まり

7人で「申し訳ありませんでした」と言ってから

始まりました。

ここは映像では当然ながらカットされてる。。。

 

コンサートが1人減った状態で始まるのを

このとき経験してるので

元気魂オーラスで1人少ない状態で

ステージに並ぶ姿を見た時は

この城ホが蘇ってすっごくドキッとして

足が震えたんだった

 

 

もひとつ、

城ホではバックにつく関西Jr.も

オイシイとこをもらえたりするので

Jr.担もたくさん来ていて…

ヤスやマルちゃんに負けず劣らずの声をもらうJr.も。。

 

 

 

セット上からステージにおりてきて始まったのは

♪ 8o'clock

やりたかったのね~

関ジャニ∞もやりたかったのね~(笑)

メンバー紹介のラップ!

ジャニーズの定番だもんね

 

 

前に考えたときはサンチェさんに

そっこーで却下されたのに ここで実行!

止められなくて おめでとー(笑)

 

 

歌詞は歌ってる本人が考えたもの。

すばる→ヤス→マル→ヒナ→横ちょ→たっちょん→亮、

前の人が次の人を紹介する形です

 

1番最初のすばるは横ちょが紹介。

「言わずとしれたメインボーカル」とか

「生まれながらのメインボーカル」とか、

初日と二日目では違ってた

 

たっちょんは紹介なしでドラムソロだけ。

本来なら、

欠席メンバーが紹介してくれるんだったのかも…

 

たっちょんがエエ声で亮ちゃんを紹介すると

すっごいきゃあきゃあ声が湧きあがって!

亮ちゃんが何を歌ってたのかは

全然聞き取れなかった(爆)

 

ヒナちゃんだけは自分で歌うパートがあって、

朗々と歌い上げるところが

この曲にぴったり!

ヒナちゃんの声はよく通るので

紹介が聞き取りやすいんだなぁ

 

 

この頃は8人の関ジャニ∞、

無責任ヒーローのカップリング曲の頃は7人、

人数に合わせて歌詞があるのも思い出です


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安田章大に語ってほしい Black of night [∞歌]

 

Black of night

 

いつか どこかで

ヤスに

・ アレンジのこと

・ MVの監督さんを決めたポイント

・ 振り付けのこと

・ 衣装のポイント

全部、全部ぜーんぶ語ってほしい!

 

文字じゃなく、

言葉で聞きたいよ!

 

 

_20161121_144454.JPG

 

自分の足で 自分のペースを刻みながら

一歩ずつ歩いて ここまで来たね

 

まだまだ先、あるね!

楽しみだよ♡

 

 

 

 

ふわふわポムポム…

コンビ萌とか一切ない私には

あまり響く企画ではなかった

 

それよりも

せっかく7人揃う機会だったんだから

10周年を過ぎ、

15周年に向かう途中の今、

関ジャニ∞について語り合う、

彼らの生の声を聞きたかった

 

全員一緒がダメなら

マルちゃんと1対1でもいい、

仕事の展望を語り合って

聞かせてほしかった


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安田章大は声をとらえる [∞歌]

 

「身長と声の高さは反比例する」

歌声分析に書いてあって、

思わずうなずいた。。

 

 

分析によれば、ヒナちゃんは

「声が印象に残る人」

 

っていうので思い出すのは 

Dye D?のヒナちゃんパート

勢いがあって、かつ

パンチのあるっていう

理由でヤスが決めたんだった →ここ

 

ヤスは

ちゃんと人の声を聞いて考えてる

 

 

次のダンス曲も

ヤスが考えたかな?

どこかで語ってほしいよ


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ケムリ [∞歌]

 

[カラオケ] ケムリ

_20161028_043348.JPG

 

アクロバティックなダンスも

すっごいキレがよくて

上手かったんだよな

 

「ダンス嫌いやもん、上手くないもん」

これはネタ発言なんだけどな

 

 

フォーメーションダンスもきれいで!

実はめっちゃ踊れるグループです


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パノラマ通常盤聞きました [∞歌]

 

パノラマ 2016.10.13発売

通常盤の初発の感想、

というには日が経ちすぎ(笑)

 

ここまでで一番リピったのは

ヤスのシークレットトラック!

 

前回は「前向きスクリーム!」

二人やから、拾うの、

章ちゃんしかいないから

僕、ちゃんと出来る!そこは

この時もヤスは

マルちゃん作詞の曲を読み解いていた

 

今回の読み解きも鋭かったなぁ

 

 

[カラオケ] パノラマ

リサイタルではお手振り曲だったので

場内の雰囲気にのまれ、

曲の印象は「アニメ主題歌らしいな」程度。

それは変わらないんだけど

MVがプラスされて

♪ Ride on

♪ 最高で最強な瞬間はパノラマ

フレーズが耳に残って

つい歌ってしまう、不思議な魅力がある

 

出勤途中に聞いたとき、

すんなり入って来たら

1日頑張れる気力に満ちた日!

響いてこない日はそれなりに過ごす。

私の、その日の元気度が分かる曲(笑)

 

 

 

[カラオケ] background

いい歌だなぁ、好きです。

テンポの変化が感情の波のよう。

 

元気が出なくなったとき、

そっと寄り添ってくれる感じ。

落ち込んでる時に聞いたら

絶対泣く、沁みる。

浮上のきっかけになると思う

 

♪ いつでも きみ想うよ

歌いあげていくヒナちゃんの声が好き

 

 

 

[カラオケ] 王様クリニック

カッコイイ!

久保田さん寄りなんだけど

TAKATSU-KINGなんだよ、これは。

背伸びして歌ってる感じもない。

 

ヤスの解説を聞いてからは

それなりの雰囲気出して(笑)

ついつい揺れながら聞いてしまう

 

ライブではどんなパフォーマンスなのか、

めっちゃ楽しみ

 

 

 

[カラオケ] Steal your love

一番印象に残らない。。。

解説を聞いて

「そういうことか」と確認しながら

何度も聞き始めたんだけど

途中で興味がなくなってしまう。

まだちゃんと聞けた意識がない

 

なんでか考えて出た答えは

私にこんな恋愛経験がないから!

そういうことだ

 

こんな想いをしたことがあれば

きっと胸に響くものがあるんだと思う。

 

夫相手ではこの先、

こんな気持ちになることもないし…

この曲の良さは

きっと私にはわからないままだな

 

 

 

いろんなタイプの曲が入っていて

どれかに偏ることなく聞いています


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

安田章大の「アイスクリーム」を解く [∞歌]

 

2014年 アルバム『関ジャニズム』

ヤスと亮ちゃん共作「アイスクリーム」収録

 

♪ た(ta)めらわないで

  ま(ma)よわずに

  だ(da)れにも

  ア(a)イス

 

「あ音」の繰り返しで

明るい印象から始まる

 

これも

耳馴染みが良いものにしようとしている

ことを意識しているように思う

 

 

歌いだしは明るいヤスの声。

弱起でアクセントを付けて

音を刻んでいく

 

「飛び込ん」「おいで」

「び」にアクセントを置いたり、

「お」の音で寂しい印象が重なったあとは

亮ちゃんにバトンタッチして印象を変える

 

だ(da)れ

わ(wa)たさ

あ(a)まく

亮ちゃんの声で惹きつけ

曲名は二人で歌って印象付ける、

次に本題が始まるよ!の導入部分完成です

 

 

そこからの

記憶(ku)

僕(ku)

満足(ku)

過ぎていく(ku)

なってく(ku)

なっていく(ku)

 

Aメロから韻を踏んでいくので

次にRapが来ても耳に違和感がない。

Rap初心者もすんなり入っていける

 

もちろん、Rapは韻を踏んでる

かな?(na)

バー(a)

ならば(ba)

ever(ba)

尽くす(su)

8つ(tu)

ます(su)

 

それからまた、

頭に「あ」音の歌詞を持ってきて

再び明るい曲であることを

思い出させてからの!!

 

I miss  ~ 安田

バニラ  ~ 錦戸

I need  ~ 安田

ストロベリー  ~ 錦戸

I want  ~ 安田

チョコレート  ~ 錦戸

you  ~ 安田

mine  ~ 安田  下ハモ:錦戸

 

私なりに訳して考えたのは

「きみがいない、なくしてさびしい」

「きみが必要」

「きみが欲しい」

You are mine= ゆーあーまい 

バニラ、いちご、チョコみたいにあなたは甘い

 

全部日本語で書くと重くなる言葉を

英語に置き換えるのはヤスの手法。

それをここに持ってきた

 

♪ アイスクリーム

交互にソロで歌い

バックに

♪ I miss

♪ I need

♪ I love

甘さを隠しながら盛り上げ

亮ちゃんのキメのひと言で終わる

 

なんとも胸にキュンとくる作りです

 

 

 

 

二人のユニットは横ちょ発案。

どっくんはカワイイことを

あまりやらないので、

ヤスが引っ張ってくれるんじゃないかと

思いました

 

冷静に俯瞰でモノを考えられる、

名プロデューサー横山裕、さすがです

 

 

最初にコード進行を二人で考えて

サンプル音作成は亮ちゃん。

ヤスが思い付いた歌詞を乗せる。

 

 

 

自分達が子どもの頃に出会った

アイスクリームに初恋をしてって内容。

相手がアイスクリームとも、

恋をした女の人とも取れるような歌詞にしようかって

話になりました。

”アイスクリーム”が”私は叫ぶ I scream”という

意味にもつながればいいなと思いながら

作ってたんですけど

色んな方向に脱線して

”アイスクリームの叫び”というテーマは

なくなった気がします

 

 

食べ物を擬人化するのは

亮ちゃんの特徴。

英語に置き換えたり

言葉に2つの意味を持たせるのは

ヤスの特徴。

 

だから アイスクリームを

恋する女の子に見立てるのは

二人のあいだでは

割とすんなり決まったんじゃないかな!?

 

 

二人でラリーしながら作り上げたことは

雑誌で読んだのですが。。

残念なことに二人でがっつりと

この曲作りについて話していません

 

なので想像するしかないのですが、

これは先にも書いたとおり、

横ちょからの発案を受けて

ユニット曲という縛りの元に

最初から対等に二人で作ったんだと思う

 

二人の曲によくある、

「亮ちゃんがヤスに手伝いを頼んだ」

パターンではなくてね

 

 

ただし、そこは2人の呼吸で!!

カワイすぎるのは恥ずかしい。

あざといのはイヤや

 

亮が引っ張っていってくれた感じですね。

歌詞の方向性もメロディ感も

とは言っていることからも

ヤスが亮ちゃんの想いに寄せて

二人で作り上げていったことが

うかがわれる

 

 

ヤスには作りかたのこだわりはあっても、

方向性は望まれた方へ寄せることをする人

 

それが天才的職人的メロディーメーカー、

安田章大なのです

 

 

 

大きな声で自ら前に出ることはないけど

関ジャムで大御所の方々が語る曲作りの手法は

既にヤスはやっていることがほとんど。

 

それを目の前で実際に検証しながら

新たな勉強研究をしている表情のヤス

 

これからどんな曲を作るのかと思うと、

空恐ろしくて めちゃくちゃ楽しみ


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

安田章大の『パノラマ』シークレットトラック [∞歌]

 

パノラマ 2016.10.12発売 36枚目シングル

_20161011_171931.JPG

これです、ヲ友達の真似してみました!

 

 

へへへ、フラゲしたときはこんなでした

_20161011_220710.JPG

裏面もちゃんと繫がり写真になってる

 

通常盤最後には

ヤスのシークレットトラックが入ってる。

甲高くない、普通に話す声で

きっちりと収録曲について

9分ほど話してます

 

ありがちな「聞いてください」じゃなく、

自分の推す聞きどころに特化した、

音楽面からの解説!!

 

ヤスが作った曲じゃないから

あくまでも自分なりの分析と考えで

曲を解説してる

 

たっちょんはヤスのことを

「感覚の人」って言ってたけど

それだけではなくて。

ちゃんと勉強研究してるんだなぁって思ったよ

 

 

つい先日、関ジャムでさださんが

母音とか話すのを聞いてたけど、

あれはたぶん先週の収録。

シークレットトラックは

もっと前に録音されてるから

ヤスも前から楽曲制作の勉強、

してるってこと

 

 

話し始めは「皆さま」って言ってたのに

熱が入ってくると早口になって

「みなさん」って言ってるところが

素な感じ♡

 

どの曲も自分なりに解釈して

それを聞き手に届けようとしてるのが

しっかりと伝わってきました

 

曲の聞きどころも解説してくれたので

曲への愛着も増した、

シークレットトラックでした

 

 

 

 

 

課金コンテンツだから

内容まで詳しく書くのは

気が引ける、

でもほんとは

このトラックの魅力を 語りたい!

悩ましい部分です 


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

渋谷すばるの歌う スペアキー [∞歌]

 

すばるライブツアー2016 歌 DVD/BD

_20160922_002117.JPG

 

[カラオケ] スペアキー

すばるの歌から情景が浮かんでくる

 

関ジャニ∞で聞くと

2番サビのヒナちゃんの、

張りのある声が切なさを誘ってくる

 

 

この作品では

すばるの声から歌の映像が浮かんで

なぜだか泣けてきた


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感