So-net無料ブログ作成
検索選択
∞雑誌・書籍 ブログトップ
前の10件 | -

安田章大がミュージックマガジンで語っていたこと [∞雑誌・書籍]


ミュージックマガジン 2017.9月号



ヤスがすばる、マルちゃんと一緒に

アルバムやアイドルとしての職業観について

語っています





変わっていないなぁと思うのは

メッセージは(中略)

自分自身の中にだけ持っておけば

どう伝わってもいいのかなと。

答えを決めちゃうと面白くないし、

みんなが同じように受け取ってほしいとも

思わないし。


投げかけはするけど

自分の想いや答えは

自分からは表に声に出して言わない。

そのほうが

ヤスの考えた枠に収まるだけでなく

聞き手、受け手が自由にイメージして

枠が無限に広がっていくからって

少クラプレに出たとき、

言ってたもんね →ここです

今もそれが変わらず、

ヤスの曲つくりにおいて大事なことなんだ





応援してくれてる方たちが

どういう曲を聴きたいのかな、とか、

どういう曲が

関ジャニ∞に足りてないのかな


そういった大枠については

きっちり考えてる。

最初から聞き手をちゃんと意識して

曲を作ってる。


聞き手が受け取ってから

どう広げていくか、

そこまで考えて曲つくりしているのは

ヤスのプロデュース力も

相当なもんだと思うなぁ




だからこそ

みなさんが提供してくださった楽曲が、

自分たちには出せないカラーを

出してくれてると思うので。

逆に自分たちだからこそ

できることもあるんでしょうけど、

自ら幅を狭めたくないんですよ


「関ジャニ∞の曲」という枠を

自分たちで作ってしまったら

逆にもったいない、

広がっていくチャンスを

自らつぶしているようなもんだからね





手をつなぎながら

一生懸命やることが

一番クリエイティブだと思うから。

意見も言い合いながら。


「エイトなら!」と信じてくれる人たちと

意見を混ぜあいながらって

すっごくクリエイティブで

最強だと思うよ。

いいなぁ~





自分らの演奏だけで

1枚アルバムを作るとかは、

いつかできたらいいなって

すっごく思います


そうだよ、そうだよ。

曲は提供されたものだとしても

演奏は自分たちだけで!ってなると

それだけでもエイトの色が出る。

これは楽しみにして待っている






「自分たちの曲だから自分たちで作る」

私は全曲これなのを

他グループのアルバムで聞いた時、

正直、途中でそのアルバムの

先が見えたっていうか…

根底にあるものが

どれも似通っている感じがした。

途中でちょっとつまらなくなっ。。。


だから

そうなるイメージが染みついてるのか、

アルバム全曲を

エイトメンバーの作詞作曲でっていうのは

今は求めていない


でも演奏となれば話は別、

だと思ってるんだけど…

演奏も似通ってしまって

おもしろくなくなるのかなぁ。。。


想像つかないや





普通にアルバムだって

できると思うんすよ、自分らだけで。

でもそれを求められてるかって

いったら、わからへんし。

いいものはいいと思うし、

エゴが出すぎてもあかんと思うし。

でも、自分らで作るものも

ファンの人は

聴きたいと思うやろうし。



楽しみはまだまだいっぱいある。

今は今やるべきことを

みんなが見えて、

やれてることが一番やと思うな



これ、これ! 私はこれ!

出来るようになったことが

あるからといって 

あれもこれもと

先を急ぐんじゃなくて、

先を急がせるんじゃなくて、

今を楽しみながら

進んでいくのがいい





自分らでもビックリするくらい

状況がでかくなっていったんですよね。

でもそれが現実やし、

そこで中途半端なことは絶対できへんな

っていう責任感も当然ある


僕ら7人で走ってるように見えるけど

背負ってるものもあるから


堅実に足元を見てとらえている。

決して浮かれていない、

というかエイトはいつまでたっても

「埋まらないかも」

「明日はどうなっているか」

こんな意識から

離れられないのかもしれない



だから決して歩みを止めない



たくさんの客さんがいるところで

コンサートできるありがたさが

マジで身に染みついているからこそ、ね






曲を作って伝えてきたことを

ギターを使って伝えたいと

思うようになりました


また一つ、意識が変わったのね。


自分の弾くギターで

ひとが気持ちよさそうに

歌うのを見るのが好きだったヤス。

ただ弾ければいいって感じだった



それが

それとは別に

ギターを使って伝える…

自分のエネルギーや想いを

ギターを弾くことで表現する気持ちが

出てきたってことなのかなぁ



なら、音も変わったりするのかな!?

関ジャムでは出なくなった弾き癖も

ライブだと出てるもんね。

ゲストがいなくて

自分を表現していい時には

思いっきり弾いてるのかなあって思ったよ



正確に弾けなくなるからと言って

真剣に演奏するときには

指輪してなかったのも

何年かぶりで復活



ここから先の、

ギターを弾くヤスが

どんな音を出していくのか、

楽しみです





客観的に関ジャニ∞を見てもらって

引き出してもらうっていうのは

自分たちじゃできないことですから


地に足のついた、いい言葉だなぁ。

自分の言ったことは忘れないよね!?






関ジャニ∞の軌跡で

V.WESTの名前も出していただき

ありがとうございます。

関西に戻ってきた横ちょとヒナちゃんは

周りがよく見えていない、

すばるは引きこもりを脱出したところ、

亮ちゃんは関西の活動になじめない。

そんなときにV.WESTがユニットごと

関ジャニ8に入った。

ヤスもマルちゃんも、

のちにたっちょんも

ただただチャンスを逃したくなかった!

がんばれる場所がはっきりした!

楽器を離さずにがんばってきて

ここまできたことが

すっごくうれしいです


V.WESTからここまで、

いい景色を見せてくれて

ほんとにありがとう

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

anan 横山裕という男 [∞雑誌・書籍]


anan 2017.8月 NO.2065



これまで見たことのない横ちょがいました


2017-08-10T05:04:23.JPG



ピシッとした生き方が

身体にも現れてる


「カッコいい」のひと言では

言い表せないな…



ストーリーが浮かび上がる、

ほんと、映画の中の1シーンみたい。

きれいだなぁ





横ちょ、変わったね。

以前は脱ぐなんて考えられなかった。

それが

仕事への意識が変わって

いろんな変化が起きた




今回のジャム魂でも

横ちょはすごくピシッとしてる。

以前ならあんなにダンスが続いたら

後半明らかに

手抜きのダンスになっていたのが

WASABIの最後まで

足も上がってきっちり踊っている


バンドでは

トランペットが聞こえて当たり前、

カウベルも増え

密かに活躍中




こうして

自分の仕事を考えてきての今、

ananの仕事!

おめでとう




Fight for the EightのMVで

照れまくってた横ちょがねぇ(笑)

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

MEN'S NON-NO 表紙の安田章大 [∞雑誌・書籍]


MEN'S NON-NO 関ジャニ∞版 2017.8.9発売




表紙にいたよ

2017-08-09T06:05:39.JPG

コージ…


この男、安田章大は

自分からはあまり語らないけど

仕事の出来る男です[黒ハート]





関西Jr.の向井くんが少し前に

テレビ雑誌で教えてくれました


「俺節」

本番が終わった後の

役者の皆さんへのダメ出しを、

安田くんが

「Jr.の勉強になるから」と言って

見せてくれたんです。

ベテランの方々にもダメ出しがあるのを

目の当たりにして

「僕らもこのままやったらあかん。

もっと頑張らな!」という気持ちが

より強くなりました。




びっくりしたよ、

ダメ出しされるのを

後輩に見せていたんだ……


終演後、挨拶に来てくれたところで

たまたまダメ出しのタイミングになって

「勉強になるから後輩を同席させたい」

になったのかなあ


そのへんは定かではないけれど

「後輩に、先輩である自分が

ダメ出しされる姿を見せた」なんて…


なんてカッコいい先輩なんだ!!

働く人として尊敬だよ♡





ヤスは

「恥をかくのが怖くなくなった」と言う。

自分をさらけ出すことに対する抵抗も

あるラインできっちり線引きすることで

迷いがなくなった感じがする



それはファンに向けてだけではなく、

自分の実際の仕事場でもそうなんだ、

表も裏もない。



自分の仕事に対する責任感を

ものすごく感じるよ





同じく関西Jr.の室くんは

演じる姿が人を惹きつける。

僕もそうなれたらいいな、

もっといろいろ吸収していかな

思いました



自分の働く姿で

後輩に何かを感じ取ってもらう…

言葉じゃなく行動で!

カッコいいなぁ♡

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

俺節の安田章大 STAGE navi 2017 vol.15 [∞雑誌・書籍]


STAGE navi 2017 vol.15


テキストはレポでありながら

私の言いたいことを代弁してくれてる



ただ一つ、違ったのは


これは間違いなく傑作になる。

『俺節』舞台化のニュースを聞いた時に、

安田の役者としての実力や

歌手としての力量を知る者なら、

そう直感したはずだ


そうなんだ、

そんなふうに思ってる人がいたんだ



私は

ヤスなら立派にやり遂げると思っていたけど

それが世間の評価を得て

傑作になることまでは想像していなかった。


その浅さが単なるファンてことだな……




役者としての安田は

自身も認める憑依型。

歌い手として

自分の歌に酔うタイプではない


そう、

だからヤスは舞台で

日々刺激を受けながら演じるのが

ぴったり合っている人!


役本人が舞台の上で

周りの刺激を受けながら生きている、

そうとしか思えないから




2017-08-01T05:52:21.JPG


俺節の世界を

圧倒的な熱量で生きていた




白眉は

コージがどしゃ降りの中、

本作のために福原が作詞したオリジナル曲、

『俺節』を歌いあげるクライマックス


それは

ここまでのコージの生き様が

すべてこめられ、ほとばしる場面だ


ここは後ろにたたずむオキナワも

とてもとてもよかった!


二人の関係、ここまでの生き方、

すべてが詰まって 

コージとして、

オキナワとして、

溢れ出していた


それを「白眉」と言ってもらえるのは

最高の褒め言葉だと思う、

うれしいなぁ



今のタイミングで俺節を振り返ることができて

すっごくうれしい、

ほんとに良い舞台だった。

良いカンパニーだった。

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

七人七色の安田章大 2017.7.26 [∞雑誌・書籍]


朝日新聞大阪芸能班 七人七色 2017.7.26

安田章大



読んで、

最後には涙が出ちゃった。

すごーーく素直で正直な、

ヤスの気持ちに触れた気がしたよ



自分が作詞作曲した歌が、

何かの主題歌に選ばれるのは初めて。

僕としては、

いままでやってきたことが

つながって幸せです



ヤスが幸せだと

私まで幸せだよ♡




十周年を超えて

自主レーベルになり

関ジャニ∞は数字も含め、

シビアに自分たちを見つめるようになった


自分たちで何ができるか、

自分たちに何が必要か、

自分にできることは何か、

自分はどうするのか、

等々



そんななかで

『クロニクル』が始まり

『関ジャム完全燃SHOW』が始まった


もちろんどの仕事も全力投球、

だけど音楽面での変化は目覚ましく

その中いるヤスは

何か想うことがあったのか…


イッパツ録り、

ドリフェス、

元気が出るCD、

このころから仕事に対する発言が

変わってきた




無言実行、

何も語らず

ひたすら仕事するのみのヤス


それが徐々に実を結んで

外に出てくるようになったのは

とてもうれしい


自分から打って出るようになったのも

すごくうれしい



たっちょんがプレミアムジャムで


安田くんは15年くらい、曲、

作り続けてるよね、昔から。

で、すごいキャッチーな歌を

作る人なんですよ。

なんかのタイアップでホントに

色んな方に聞いていただきたいな!

っていうのをずっと思ってたので


ずっと言うてくれてて


僕は感無量なんですよ。

これが日本中の映画館で

かかるって思うと



そういってくれたことが

私には感無量だった →ここです



メンバーが喜んでくれるのは

すごーくうれしいよ、

ヤスは関ジャニ∞が大好きだからね




自分がつくった曲を

メンバーが歌ってくれて、

「良かった」と言ってくれるうれしさは、

もちろんいつでも感じています


これからもそれが

積み重なっていきますように!

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

丸山隆平というベーシスト [∞雑誌・書籍]


ベースマガジン 2017.8月号

丸山隆平


マルちゃん、表紙おめでとう



ハマくんがマルちゃんのことを

語っています。

ハマくんが書きたかったんだろうなぁ



出会いのMステで

エイトが演奏したのは

『強く 強く 強く』と『ズッコケ男道』

それが当て振りでなく、

しかも凝ったアレンジで

こだわりを持って

演奏している姿に感動した、と。


その時のことがもとになって

楽曲提供することになり、

エイトの窓口がマルちゃんだった



出てきたマルちゃんの言葉は

頑張らないと弾けないような

スラップのフレーズを入れてほしい。

ベースを自分で弾きたい


それはテレビで関ジャムが始まり

マルちゃんがベースに

本格的に向き合うように

なったころに重なる



マルちゃんの

異常なまでの向上心

それを評価したたえてくれる、

ハマくんの言葉が

とてもうれしい

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Cut 2017夏 初発の感想 [∞雑誌・書籍]


Cut 2017 AUGUST No.385


ボリュームたっぷりで

インタビューもよくて。

熱意あるテキストに感謝です



高橋優くんがラジオで話してた、

楽曲提供のこと →ここです

思い出したよ


関ジャニ∞は生まれつきの

スーパーマンじゃなくて

すごい苦労して

スーパーに成長していった


そうだなぁって思う。

苦労したことを恥ずかしがらずに

大事な学びの出来事にして

いつも心に留め置いてる





蔦谷さんの

メンバーの誰かが作った曲を

共作するとか、

何もないところから

メンバーとスタジオに入って

作っていく作業もやってみたい


これはエイトもうれしいだろうなぁ。

蔦谷さんに触発されて

楽曲制作がより進化しそう





OKAMOTO'Sのハマくんの

みんなが思ってるほど

関ジャニ∞は簡単なものじゃないぞっ

ていう気がします。

絶対に本物なんだってことを、

僕らはバンドとして直に体験した


バンドマンに認めてもらえるって

マジでうれしい





古田支配人の

彼らはすごく勉強熱心で

仕事をナメてない。

演奏にしてもトークにしても

一切休まない。

ちゃんとした”おじさん”になれる要素を

持った人ばかりですね


一緒に仕事している人が

エイトの仕事への姿勢を教えてくれる。

嘘のない言葉だと思うと

力をもって胸に響いてくる、

うれしいなぁ





ヒャダインさんの

渋谷さんの歌声。

あのクセの強さと、

それを圧倒的な歌唱力で

隠さずに歌う彼のミュージシャンシップが

彼らの音楽をありきたりにしない


いいね!いいね!

すばるのことをわかってくれてる





ただ仲が良いのではなく、

関ジャニ∞の歴史の中で

何をやっていても

お客さんに喜んでいただく、

お客さんを感じながらやっている。

それが根底にあることにぶれがない、

全てはそこから始まっている


今また再確認できるテキストでした

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サタジャニの錦戸亮 [∞雑誌・書籍]


Saturdayジャニーズ 2017.7.8

錦戸亮



気取ってる感のない亮ちゃん

2017-07-08T06:29:06.JPG


ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』

撮影中のことを語っている


ドラマとは裏腹で

出演者の方々の出来るっぷりよ!

スムーズに進んでいて

なによりです



プライベートタイムの、

サーフィンの時の写真は

とても亮ちゃんらしくて。

こういう時間があることが

亮ちゃんの気持ちを

リフレッシュさせてるんだろうな


顔とか分かんないんだけど

この写真、いいなぁ




グループ写真がマルちゃん以外、

揃いも揃ってピース[手(チョキ)]してるのには

ワロタ( ^∀^)


えっと7人ともアイドル歴、

そこそこ長いですよね!?

それでもこんな時は

ピース[手(チョキ)]なんだ……

アラサーアイドル、かわいいなぁ[ぴかぴか(新しい)]



ドームツアーはもう来週から!

私も「台風さん、来ないで」って

願ってるから!

同じだね


会えるの、楽しみにしてるからねー


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安田章大の”ファイト!” [∞雑誌・書籍]


彼は

いいファイトの仕方を

してますよ



俺節パンフレットのなかで

私が一番好きな言葉です


古田新太さんが

ヤスが歌うことを

原作漫画ファンはどう思うか、

気にしていると

福原さんが「大丈夫!」と。



彼はいいファイトの仕方を

してますよ



上手い!、とかの前に

前提として大事なところで

ちゃんと認めてもらってることが

すごくうれしい




前楽、行ってきます

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

安田章大のTVガイドAlpha エピソードF [∞雑誌・書籍]


TVガイド Alpha エピソードF 2016.6.19発売


俺節ステージリポートフォト


テキストはインタビュー無し、

ライターさんの感じたことのみ



安田章大×Fire

2017-06-19T10:35:11.JPG

ヤクザに追われたテレサを

助けようとしたとき、

ばっちゃの心尽くしの背広に

唾を吐きかけられ

怒りが頂点に達したコージ




ヤスは、役のためなら

炎のような熱さが出せる


そして舞台からは

何物にもさえぎられることなく

ダイレクトに熱さが飛んでくる


その熱さの中にある、

コージとしてののエネルギーに

共感し 涙し 応援した




「魂の叫びともいうべき歌声

全身全霊の表現が見る者の心に火を灯す」

帯の言葉がぴったりの写真でした

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ∞雑誌・書籍 ブログトップ