So-net無料ブログ作成

音楽劇【マニアック】安田章大を見てきました【ネタバレして感想】 [∞舞台]

音楽劇【マニアック】2019.1.19

大阪:森ノ宮ピロティーホール

1_20190120_090601.jpg

ほんと、いよいよだな…

ここまで来て、これを見て

やっと実感しました




横ちょの【ブルームーン】以来のここに

また来れてよかった




以下、演出等含め 

ネタに触れる部分があります






17:18 

チケット持参の人が整列開始。

ほどなく入り口まで誘導される





17:30 定刻通りに開場。

『花の撮影不可』は

しつこいくらいスタッフが

呼びかけていたので

花はスルーしてパンフ購入。

そのまま混雑するロビーの片隅で

読もう!と開けたら

Point Blur_20190120_101055.jpg

さすがヤス♡

さすがアイドル♡

めっちゃ仕上がってる!

カッコよすぎて

「ヒィ」って声が出てしまった(笑)

何回見てもカッコいい♡




パンフの写真確認したら

そのままトイレへ。

この流れで私は一度も待つことなく、

スムーズに済ませることができた




戻ってきて花を眺めると

ヤス宛ては

・関西テレビ取締役

・関西テレビ編成局

・朝日放送制作局

・ジャニ勉

・クロニクル

東京に行けば

また変わるだろうね




客席への扉が開くまでは

じっくりパンフをじろじろ(笑)

この時、数曲、

歌詞が役名で歌割りして

載っていたので

だいたい暗記した。

これはお芝居を見ているときに

「あー、ここでそうか!?

だからこの歌詞なんだ」とか、

歌が耳を流れていくのではなく

意味を持って聞こえてきたので

私としては

「歌詞を載せてくれてありがとう!」

でした。

私は不器用で、

一度に2つのことが出来ないから

あらかじめ歌詞が分かっていたのは

お芝居を集中して見るには

助かりました







開演中の注意アナウンスから

3,4分後に開幕、

てか最初、

バイオリンの音合わせかと思ったよ(笑)

バイオリン、コントラバスときて

ぬるっと始まり、

不気味な音に変わっていく




以下、めっちゃネタバレありの

感想です

11キャプチャ.PNG




ヤス、元気に舞台に立ってた!

当たり前だけど(笑)

その”当たり前”なことが

どれほど嬉しいことか、、、




年末のテレビで

痩せてたり

あまり踊れてなかったり…

それは稽古中なのもあって

自分の体と相談中で。

何をどれくらいすると

どんな風になるのか、

ちゃんと自分で考えを持って

いろいろ試してるんだと思ってた




仕事ってそういうもの。

引き受けたら

ちゃんとやらないと

信用に関わるもんね




そのあたり、

きっちり出来ていました

&

うっすらお髭が

めっちゃカッコよかった♡

薄い黄色が入ったメガネ着用。

カテコで一度だけ外してにこっ♡

ビジュアル、大満足でした






観終わって

私の一番最初の感想は

痛快!痛快!

お行儀のいい見方しなくて

いいんだよ、舞台って。

あり!あり!

しょーもないことを堂々とやって

それで笑わせてくれたんだから

安いもんや!

でした(笑)




私が小学生の頃なら、

普通に使ってた、

今となっては『放送禁止用語』が

セリフに出てきたり。

アニメの超有名セリフもあったけど

若い人たちも知ってたのかな!?

あとは

現代を風刺してるようなところとか。

今の社会情勢も盛り込まれていて

もちろんそれは

ちょっと皮肉られてて

クスッとなる




日本の伝統神事も最後に披露!(笑)

すっごい金ピカ色の男根に

メイ(成海璃子)がまたがって出て来て

その前で

院長(古田新太)が

金の鈴が2個付いたまといを振る。

それを眺めるアキラ(ヤス)の

あっけにとられた顔(笑)




堂々と動く金た○!

私しゃ、

食い入るように見ました(笑)

演出ですもん!(ホンマか!?)




古田さんがどんな舞台ですか?

って訊かれて

「ちんこミュージカル!」って(笑)

まさにそう!!

スケベなことに興味津々な中坊が

ドタバタ劇になった、って感じ(笑)

「チンポ」とか言うし、

「勃起」も見せてくれるし!

ただただ豪快に大笑いしました






私が苦手なのは

舞台が終わった後、

脚本や演出の人が

客の質問に答える、という形で

ファンに問われるまま

演出の意図をあれこれ丁寧に

SNS等で答えている舞台




どんな見方をしてもいいやん、

どんな感想でもいやん、

演出の意図と違っても

自分が感じたことは感じたこと!

舞台の見方に正解なんて

なくてもいい!

伏線の回収なんて

あっても無くてもかまへん、

見るほうに好きに見させてくれ!

そう常々思っていたので

【俺節】で福原さんが

「そういう質問には答えません。

好きに見てほしい」と

返事していたのも気持ちよかったし、

【マニアック】に至っては

脚本、演者のほうから

そういう”くだらない決め事”を

ぶっ壊しにいってるので

痛快!でしかなかった






そこにヤスがいるのが

これまたおもしろかった!

海驢耕治の要素もあるけど

犬塚アキラの要素もある、

今回はアキラ♡

【カゴツルベ】次郎座衛門

【ジュリエット】太一

【俺節】耕治

そこからアキラって…

ヤスの役柄に

こんなに幅が出来るなんて

考えたこと、無かったよ




いいぞ!いいぞ!ヤス♡






ヤスは

歌って

踊って

弾き語りして

怒鳴って(笑)

ちょっとだけ恋心があって。

そこには

いろんな表情があって

どれも植木屋さんなの!




でもずーっと関西弁だから

キャラは【ばしゃ馬さん】の

天童義美ぽいというか、、、

馬淵さんにまくし立ててるところが

ちょっと重なる、かな






バツイチの役だったんだけど

そんな役をする年齢なのも

進歩だと思った






歌は普通に歌うの!

重いものを背負ってるでもなく、

ごくありふれたときに

普通に流れで歌うんだけど

やっぱ上手い!

キャストが上手い人ばかりだから

ヤスが歌えなかったら

話になんないけど

そこは遜色なく歌えてる!

ヤスってちゃんと歌える人だなぁ♡






ダンスもばっちり!

しっかり踊るところもあった。

見てると

ターンもちゃんと体の軸で回ってて

腰に過度な負担がかからない回り方。

プロの振付師が考えてくれたのは

間違いないね




しゃがんだり寝転がったり。

機敏な動きがテンポよく

見れました






病棟の場面では

ヤスは拘束されてベッド上。

なのでセリフに合わせて

患者役の人が

ベッドごと移動させるので

ヤスは体は場所移動せずに済む。

うまく考えられていたなぁ






ヤスの弾き語り、

アコギで2曲。

どこのアコギか、

メーカーまでは見えなかった。

ギブソン、ヤマハ、マーチン、

テイラー、タカミネ、ベフニック、、、

思い当たるアコギを思い浮かべたけど

該当するもの無し。

なんだったんだろ!?

エレキはテレキャス使用。

弾き語りは歌がメインなので

ギターの音は聞き取りにくいけど

間違いなく弾いてる!

ちゃんと聞こえるから♡






演奏が浅草ジンタで生バンド!

舞台の下手2階で演奏してる。

演者になって楽器と共に

出てくるところもあった。

音が生っていいね、

迫力、いいよーーー






登場人物の心情は!?

とか考えることなく、

痛快!痛快!ワッハッハー!

ヤスにこんな役があったとは。

じゃあまだまだだ、

もっと他にも役柄がありそう!




すいません、

お気楽に楽しんできました(笑)




南海キャンデースのしずちゃん!

よかったなぁ。

いい味のキャラだった

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。