So-net無料ブログ作成

安田章大がジャムのテストを越えて [安田章大]

関ジャム 2016年10月。

ヤスは

蔦谷さんとヒャダインさんの話を

前のめりで聞いている。

質問すること、たびたび




宇多田ヒカルの曲作りについて。

Bメロ無しで

Aメロからサビにいく作りに

興味津々

キャプチャ.PNG

1曲の中で2オクターブを

行き来するのもありがちで、

結局宇多田ヒカルの場合、

声に秘訣あり!ということだった






もう1曲、ファレルの【ハッピー】

解説VTRを見ている時には

空間の使い方が上手やな

ポツリと言った。

「音の空間」

それは姿形が見えなくても

音を共有する空間であり、

楽譜の中を舞台に見立てて

音符で物語を作っていく、

そんな感じなのかな!?




設定を作って

曲作りするヤスらしい!

とも思えるが

ほんとのところは

何を思って言ったんだろう!?

ヤスの言葉は

頭の中を端折って

結論だけが出てきてる感じで

解釈が難しいね






空間を意識するヤスが

古田支配人に

何かの試験

と言われてすばると歌う。

後に分かったのが

この頃は【舞台俺節】も決まり

稽古スケジュールも

決まっていた。

歌が求められていた時期に

すばると一緒に歌ったのだ






ゆず【虹】

歌い出しはヤス

キャプチャ.PNG

すばるがいるのに

ヤスの声からだった




そしてサビでは下ハモだった。

エイトでは上ハモのことが多くて

すばるの下ハモをしたのは

【夕闇トレイン】のみだと思う。

それがここで下ハモというのは

まさに

試験

だったのかもしれない






この試験でヤスの歌が

どんな評価されたのか、

果たして本当に試験だったのか、

私が知ることは無いけど、

メキメキ歌が上達しているのは

確かだと思う






音楽劇【マニアック】

今日から東京、

新国立劇場中劇場公演です。

セクシーな低音ボイス、

ビブラートの効いた泣きの声、

明るく突き抜ける声、、、

いろんな声で歌うヤスが

楽しみ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。