So-net無料ブログ作成

安田章大が福原脚本【忘れてもらえないの歌】の舞台に呼ばれた [安田章大]

【忘れてもらえないの歌】

プロモーション動画を見ては

にやにや♡

キャプチャ.PNG

通勤も

運転しながら30秒の歌声を

延々リピ!

明るく伸びのある地声が

歌に合っていて 

ステキ♡

学生時代の私が

高田渡さんのライブに行くと

必ずと言っていいくらい

きいていた曲。

高田さんが歌うのは

フォークソングな『私の青空』

それが今度はヤスくんの声で

ジャズになって聞けるなんて!

生きててよかった!(笑)






ヤスくんのコメントも出ました。

今回は福原充則さんの

書き下ろしということで

どんな物語になるのか、

どんな人物を生きられるのか、

喜びとワクワクでいっぱいです。


僕は福原さんが描く世界、

辛くて厳しい現実を

苦いものを抱えながらも

何とか生きていこうとする人達を、

笑いも入れながら描くところが

好きだなあと改めて感じています。

だって、それこそが

人生のリアルだと思うんです。

人は笑うことでまた頑張れる、

生きていけるんだと思います。


僕自身、『俺節』から2年の間に

病気や怪我でたくさん

心配や迷惑をかけたこともあって、

どう生きたいのか、

どう生きていくのかということを

いろいろ考えました。

そんな経験も活きてくるような

気がしています。

観てよかったと

思ってもらえる舞台になるように、

全力で頑張ります!






ヤスくんはギターとボーカル。

滝野亘という

お金のために

無許可で床屋をやっている学生。

戦時中は軍需工場で働き、

戦後はお金のためにバンドを始める。

調子のいい男




辛くて厳しい現実を生きてるのは

ヤスくんと重なる…

それをきちんと自分に引き寄せて

演技出来るのが

ヤスくんのいいところ!






福原さんのコメント:

これまでに、戦時中の演劇の話と、

戦後の映画の話をやってきたので

その時代の表現者の話として、

もう一つ”音楽”をやりたいなと

思ったのが

そもそもの発端でした。

とはいえ、戦中・戦後という

大変な時代を生きる人の

タフさを表現するには

尋常じゃないエネルギーが

要りますし、

暗い芝居にはしたくない。

そんなタフさと明るさ、

それも、

人の痛みをわかった上での

華やかさみたいなものを

持った人なんて、

いるんだろうか……?



そういうことを考えたときに

浮かんだのが

「俺節」を一緒につくってくれた

ヤスこと安田章大くんの顔です。

ヤスのために

何かを書くということも

出来たんですけど、

僕に今書きたいものがあって、

最初にヤスの顔が

浮かんだというのが

そごくよかったなと

今改めて感じています。



主人公は、焼け野原になった東京で

心が空っぽなままじゃ

生きていけないことに気が付き、

心に何か入れるなら、絶望ではなく

ポジティブな感情を入れて

前に進もうと思った男。

キビしい現実を、

バカバカしいくらい明るく

前向きに生きていこうとする人です。



ビジュアル撮影の時のヤスは、

なんだかとても色っぽくて、

ちょっとドキッとしました。

「俺節」から2年経った今のヤスや、

今回初めて仕事をする人を含めた

メンバー全員と、

稽古場でどんなふうに出会って、

どんなものをつくっていけるのか、

緊張もありつつ、

楽しみにしています。






ハコといい、スタッフといい

共演者といい、

「俺節」座組のようでも

今回は福原さんの書き下ろし。

それも

ヤスくんありきではなく

書きたいものを書いたら

ヤスくんが浮かんできた、という




福原さんの中に

「演技者:安田章大」が

しっかりと印象付いてることが

うれしい






心が空っぽなままじゃ

生きていけない。

心に何か入れるなら、絶望ではなく

ポジティブな感情を入れて

前に進もう。

前向きに生きていこうとする人

これって

ここ最近のヤスくんが

重なってみえる。

しっかりと前を見て

励んで生きてるよ、って







日々感情はジェットコースター

でも

それも含めて

自分が伝えたいことは

きちんと伝えてくれるヤスくんが

全力で頑張ります!

そう言ってるんだもん、

もう私からは「頑張って!」は

言わない




心配ばかりしないでね。

満足いく身体には戻れなくても。

励んで生きてます

どんな身体状況であっても

引き受けた仕事は

きちんとやり通すのは

既に実証済み。

私が心配しなくても

ヤスくんがきちんと考えてる






だから私はただただ

幕が開くのを楽しみにしている

2019-07-10T02:41:14.jpg

nice!(1) 

nice! 1