So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

安田章大は脚本・演出家の想いを受け取る人 [∞雑誌・書籍]


BEST STAGE 2017.6月 vol.105



2017-04-30T14:04:12.JPG


仕事を成し遂げようとする人間の目



芝居、歌、

そして座長としてやるべきこと、

素晴らしい方々との共演


それがヤスが背負っているもの


怖くはない


そう言うが

脚本・演出の福原さんが

ヤスの栄養となる言葉を

くれているからだとも思う




2017-04-28T06:29:42.JPG



福原さんによれば

「客席から投げられたものを

受け取って動いている、

お客さんと交感ができる人」



そうだと思います


現場での瞬発力、

動じた様子を見せない強さ、

客席の雰囲気をすくい上げる心の広さ、

…生ものの舞台にぴったりです




2017-04-28T06:31:11.JPG


この男、

必ず福原さんの期待に応えます!

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安田章大が原作の根っこにあるものを届けてくれる [∞雑誌・書籍]


SATGE SQUARE vol.26

2017.4.27発行


買って何日も経つけど

やっぱり私の中では

この雑誌は16ページからしか

始まらない





2017-04-28T06:21:56.JPG

この顔つきが

稽古を経て

舞台ではどう変化しているのか


初日が待ち遠しくなってきました




マンガのキャラクターを

生き物として存在させるために、

僕たちは気持ちを込めて

『俺節』の世界を演じます。

それで、観終わったお客様から

「コージたちは、この地球上で

実際に生きているんだな」

と思ってもらえるような仕上がりに

なればいいなあと思っているんです。


舞台で演じることの責任感が

伝わってくる言葉です





舞台は生もので毎回芝居が変わる



その中でヤスが今回伝えたいのは


感情をコントロールしながら

必死でバランスを保って生きている、

けれども率直で生々しい姿



伝えたいことが福士さんと

しっかり統一されているのは頼もしい


二人の芝居と歌とギターが

どんな熱量で飛んでくるのか、

すごーく楽しみ!




福士さんがヤスのことを

2017-04-28T06:23:52.JPG

「佇まいがニュートラル。

いい意味で気負いがない。

懐が深い」って!


それはヤスの中に

”こんなふうに観られたい”

というヘンな欲がないからだろうな




自分のイメージ付けは自分でしない、

自分をさらけ出すことを怖がらない、

それが安田章大なんだと思う


nice!(2) 
共通テーマ:日記・雑感

安田章大がan・anで舞台の話をしたよ [∞雑誌・書籍]


an・an 2017.5.3号



やわらかい表情してるなあ

2017-04-28T13:03:02.JPG


メンバーといるときのヤスって

こんな表情でいるのを よく見かける


原作の持つ熱量が伝わるくらい

一回の公演にすべてを注ぎ込むつもりで

演じられたらと思います


ヤスの、

この舞台への熱量を感じます


主演としての、

責任みたいなものもね





本来なら、

これから始まる舞台のことを

話す場所なんだろうけど…


『ジュリエット通り』の時のことも

話に出ている



2017-04-28T13:04:30.JPG


みんなそれぞれが、

違う場所で頑張ってると思ったら、

自分も頑張れるかと思って。

楽屋にメンバー全員の

写真を貼ってたわ



メンバーの存在が

自分を奮い立たせるなんて

メンバーのことが大好きなヤスらしいよ




その時を経て

いろんな仕事を経て 今回の舞台。


緊張に責任感もプラスして

きっと


やっぱヤスってすごいわ!


っていうものを

みせてくれると信じています







カレーの話だよ!


カレーの実物がないのに

さもそこにあるかのように、

食卓を囲んでやり取りする場面


衣装も表情も口調も

手の動きも

体の動きも

「太一」だったね



横ちょやたっちょんだけじゃない、

私もちゃんと覚えているから!

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感