So-net無料ブログ作成
∞雑誌・書籍 ブログトップ
前の3件 | -

【音楽と人】安田章大を読んで [∞雑誌・書籍]

【音楽と人】2019.4月号

_20190228_181614.JPG

6人個々のインタビュ―がテキスト.

座談会形式ではない。

それぞれのインタビューから

見えてきたのは

いまだ迷いと混乱の中にいる

姿だった。

 




私は超早売りで買えたのですが

その時、読んで驚きました。

昨年のすばるショック以降、

「関ジャニ∞」というグループに

ファンは各々が様々な想い、

それぞれの距離感を探りながら

前に進もうとしている時に

メンバーもまだ

気持ちが落ち着いていないこと、

それを正直に表に出すことに

戸惑い、そっとページを閉じました




6人でのツアーを完走し

一斉にスタートラインに

ついたんだと思い込んでいた






ヤスの言葉は冷静です。

冷静にグループを捉えている。

がそれだけに

ヤス自身の本心が

言葉にくるまれて分かりにくい。

が、嘘を言う人ではないので

今現在もどこか

歪みっぱなしのような気がします

それがリアルな言葉すぎて

今でもグループが

荒波の中にいるのを感じました




正直、

ヤスに舞台仕事があってよかった!

そう思いました。

”関ジャニ∞ではない場所”で

”安田章大として仕事する時間"は

グループを意識しないで

いられただろうから。

ただ、見えないままの分だけ

考えすぎてしまうんじゃないか!?

そんなことも思いました






5年後、10年後も関ジャニ∞は

負けへんぞっというか、

やり続けてきた魂みたいなものは

のちのち語ってもらえるかも

しれないですね

ここでもう驚きました。

そんな先まで

関ジャニ∞を残すんだ……

ヤスの場合は

自分のやりたいことを貫くのが

第一なんだと感じていたので

関ジャニ∞の

魂も事実も"残すこと"に考えが

及んでいるとは思っていなかった。

うれしい誤算でした、

ってホントのところは

分からんけどね…






やすの、

『アイドル』というものの考えは

私は何年も

変わってないと思っている 

→たとえば、ここです



 

それをファンの欲望に

合わせるだけでなく、

自分が今見せたい姿も

提示するようになったところが

変わってきたところではある。

俺はアイドルとして

王道な道を走り続けさせて

もらってきてるぶん、

ブルドーザーみたいに

ガッサーって

道幅広げていくような感覚で

前に行けたいいな

それがグループの武器だという

その心意気がうれしい






希望や夢と

そこだけじゃない部分。

陰と陽が混ざった時に

初めて綺麗な色に

なったりするんだろうから

そう思うなら

それを見せてほしい。

混ざったマーブルは綺麗だって

言ってたやん!

って今がそうなのかもしれないね。

進んでいるような、

ずっと足踏みしているような、

霧に包まれたような場所で

ぐるぐるしている…




どうしたら

これが"綺麗"に見えるんだろうか…

きれいになるんだろうか…






僕らが作り上げてきたものが

もし終わりを迎えることが

あるとするならば、

その上に何かを殴り描きで

足してくれるグループが

いてくれたらいいな

終わりと始まり、

それも確かに陰と陽だね。

私は7人の関ジャニ∞が終わって

6人の関ジャニ∞が

新しいものを書き足していくと

思って。。。。。。。






グループの中の人であるヤスが

今現在もどこか歪みっぱなし

そう言うのだから

それは間違いないんだと思う。

でも

エネルギーを溜めてる期間

でもあるそうなので

そのエネルギーが放出されるのを

楽しみに待つことにします






どんな選択になろうとも、

彼らの旅は続く。

そしていつか帰ってくる場所は、

メンバーもファンも、

必ずここにある

「ここ!」はどんな場所なんだろう!?

ファンとエイトが同じように

わぁ、きゃあ言える拠り所を

彼らなら必ず

作ってみせてくれると信じてる

nice!(1) 

BARFOUT!錦戸亮 [∞雑誌・書籍]

BARFOUT! 2019.3月

錦戸亮

Point Blur_20190219_184451.jpg

どの写真を見ても

”絵になる男”だ




前はもっと

”彫刻像のような美しさ”

だったのが、今は

”そこにいる佇まいがきれい”

そんな感じがする。

彼方にいるのではなく、

実在している




黙っていても、表情から、

演じる人間の内面、

例えば、悲しさだとか

怒りだとか葛藤だとか、

そういったものがふんだんに

感じ取れる、

一筋縄ではいかない表情。

「演じる」ってそうだ!

グループの中にいる時、

言動にハッとさせられることは

あっても

表情に惹きつけられて

ハッとすることは少ない




それが演技仕事だと

すごく表情が印象に残る。

そういう時って

そんな表情するよね!って

思う顔なんだけど

それがすごく細やかで

絵になる。

かと言って

絵のように血が通っていない、

ということはない。

人の持つ繊細さが

表情になっている、

何とも言えない顔を持つ人だ、

錦戸亮は




それだから私は

亮ちゃんは映像向きだと

思っているのかもしれない






Q.これまでの人生の中で、

 人や出来事を

 疑わざるを得ないようなことが

 あった時、

 「疑い」は仕事で昇華したのか?

結局そういうのって、

「果たして昇華してきたのかな?」

と思ったりします。

後々自分がそれを

どう捉えていたか?という

後付けのほうが

大事だと思うんです

(中略)

でも正直、何も考えて

いないですよ(笑)

問題の本質が違う場合、

「仕事で昇華する」ことは

出来ないかも…と思うと

亮ちゃんのように

後々自分がどう捉えていたか、

「後々」が来るまで待つ、

というか

何も考えていないですよ(笑)

って、いいことだと思う




その時決めることは必要でも

結論・結果まで必要なことって

少ないと思うから






大河ドラマや月9に出た、が

特に何も。

枠は関係なく、

ドラマはドラマやし。

ただそういう

ブランドがあるだけで

自分がどう変わるか?

という話でもない。

自分自身が

ちゃんとしたブランドで

いたいなって思いますからね

「錦戸亮」という、

選ばれるブランドね!

「錦戸亮」という名前が

そこにあるだけで

「見たい!」と思わせる役者って

すごくステキやん!




でも、できれば

「「観てみたい」

じゃなく

「観たい」

と思われる役者になってほしい。

言うだけじゃなく

実際に観てくれる人のいる役者!

亮ちゃんには

そうなれる力があると思います、

必ずなるよ!!

なってよ!!






引っかかったのは

ジャニーズが作った映画

みたいのしかないから

そのことを亮ちゃんの口から

聞くとは思ってなかったし、

亮ちゃんはそれを

どう思っているんだろう…

聞きたかったな






A4用紙1枚分、

4段に渡ってインタビュー掲載。

そのうち、半分の、ほぼ2段分が

インタビュアーの話してる分。

う~ん、

もっと亮ちゃんの言葉を

引き出して

文章にしてほしかった

(笑)もうひと粘りじゃないですか?

亮ちゃんにも

そう思われてる(笑)






僕の中では、自分が今、

ジャニーズという会社におって、

関ジャニ∞というのがあって…

それ以外で、

錦戸として

一人でやっているのは

お芝居する場所しかない。

そこがすごく…うん、

めっちゃ大事にしたい

場所やなって思います

変わらず言い続けている言葉!

変わらず思っているって

いいことだなぁ。

想いがあって

亮ちゃんは頑張ってる!

そう感じるよ






メンバーのことは一言だけ。

でも例えば

安田(章大)くんの舞台を観て

「あぁ、すげぇな」と

思う時はあります。

2017.6.3 舞台【俺節】

昼公演観覧のことかな?

今思えば、

病み上がりで舞台主演するヤスが

心配で見に来たのかな!?と思う。

亮ちゃんにしては珍しく

堂々と観覧してたよね。

たいてい、

演者の迷惑にならないように

こそっとしてるのに

その日は2階席に入ってた私でも

はっきり分かるくらい

「亮ちゃんがいる」と

ざわついたのを覚えてます(笑)











なーんてね、

いろいろ書いたけど、もろもろ

私が何か、言うことじゃない。

ファンがどう思おうが

やるかやらないかは本人次第。

そこにファンの想いが

入ることはないのは

よく分かっています。

nice!(1) 

安田章大の狂奏 [∞雑誌・書籍]

週刊テレビガイド 2019.2/22号

【狂奏:安田章大】

役者・安田の

エネルギーと狂気に満ちた

魂の音楽劇

2019-02-14T04:12:38.jpg

うれしい言葉の副題を付けて

テキストは宮浦彰子さん。

私の中で

安心と信頼の宮浦さんです。

愛ある客観的な文章が

とっても読みやすい




力のある役者たちが作り上げ

振り切った濃いキャラクターが

大渋滞。


時には演者たちがアドリブで

舞台をかき回す。

安田はその真ん中で

バランスを取りながら

それぞれの個性を引き立て

軽快な会話劇を繰り広げた

まさに!です。

ヤスがいることで

相手が浮き彫りになる






アドリブが多そうに見えても

ほぼセリフ。

決まっていることを

今思いついたように

喋っている




浅野さんと小松さんとヤスの

3人のシーンは

浅野さんが

何か繰り出してくるかも!?

なので

ヤス、がんばれーーー

ってなる(笑)






何より魂のこもった歌を

ホールに響かせ

”音楽劇”を引っ張っていく姿が

印象的だった

そうです!

歌のすごく上手い人に囲まれても

全然引けをとっていない!





歌に合わせて

声も歌い方も変え、

気持ちが歌になっている!

舞台で歌うのって

ヤスに合ってると思う瞬間です




【Rescue her】

彼女をほっとけない、

助けてやらんとって思う

メイへの想いを歌う

2019-02-14T04:16:31.jpg

赤いジャケットと細身の黒革パンツ。

衣装も昭和なら

声も昭和のムード歌謡で、

この歌にピッタリ♡

ライブでは聞けないような

歌声なんだよなぁ




あーーー、これを聞いてると

【二人の涙雨】を

今の声で聞きたくなる。

マイクスタンドを

女性に見立てた振りが

色っぽかったやつ!




マイクスタンドが女性の体で

マイクが頭。

頭の後ろを支えながら

体を倒していき

すーーっと指を這わせる。

ひゃあああああ、きゃああああ

せくしーーーーーー♡

キャプチャ.PNG

47の東京ドームは短縮ver.だったから

それが映像に

残ってないんだよぉ(( ノД`)シクシク…




全員が30半ばになった今、

こんなムード歌謡も聞かせくれたら

うれしいな






歌とともに

本来の体のキレが

垣間見えるダンスを見せ

メイと手を取り踊るシーンでは

ひそかに成海のペースや

歩幅に合わせる温かさも…

パッと思い浮かぶのは

2019-02-14T07:19:32.jpg

【花】

特に ♪lalalala

ヤスが先に立って

歩きながら歌う時、

璃子ちゃんが後ろから

付いてきやすいように、

そして

曲のリズムも乱さず歩いている、

ステキなシーンです。

良いよころを

ちゃんと見てもらってるのが

うれしいなあ






アイドルにはハードルの高い

尖った舞台、

かつセンスを求められる作品。

勘の良さと柔軟さを持つ

安田だからこそ、

新しい道を颯爽と切り開けるのだと

あらためて思わせれる舞台だった

ブラックでくだらないようで、

実は今の世の中を映している、

鋭い感覚と

自分を見失わない強さが

必要な役のヤスを

見ることができてうれしいです




舞台はヤスに合ってるなあ♡

続きを読む


nice!(2) 
前の3件 | - ∞雑誌・書籍 ブログトップ