So-net無料ブログ作成
∞雑誌・書籍 ブログトップ
前の3件 | -

【メンズノンノ】2019年夏を迎える関ジャニ∞ [∞雑誌・書籍]

Men's non・no メンズノンノ 

2019.8月号

2019-07-11T06:55:21.jpg

久しぶりのメンノン、

久しぶりの6人揃った表紙、

久しぶりの晴れ晴れした笑顔!



それが大事で!

私が一番求めているもの!

また見ることが出来て

よかった!






ヤスくんの選んだ、

”メンノン男子に聴いてほしい”3曲


Spinna B-ill & The Cavemeans 


音数とそこに言葉が詰まってるのが

なんだかヤスくんぽい選曲だなぁ




【象】にも通じるような歌詞も

ヤスくんを惹きつけるのかも。

ヤスくんは心の中に

”まだまだ””もっともっと”

前を向いて

止まない炎を持っている人、

改めてそう思った






・【Lawdamassy】

EL SKUNK DI YAWDIE

(残念ながらこちらは

貼れるものが無かった)

これも音数が好きそう








気持ちいいエロさ(笑)

『Love music』に出たときも

WANIMAの好きな曲が選べなくて

下ネタな曲、って →ここです

明るくカラッとしてていい!






ヤスくんとマルちゃんが

路上ライブしていた場所は

梅田に出ると通ることが多くて。

そのたびに思い出す、

そんな時もあったなぁ




作る曲の雰囲気も広がりました。

でも、どんな曲を作ろうと、

歌を入れると

関ジャニ∞の曲になるから

不思議ですよね。

それは僕らがひとつの歌詞を

リレーしていくなかで、

共通認識が

生まれるからかもしれません。

それをライヴで披露して

お客さんと共有する瞬間は、

何度経験しても最高です!

はい!

作り手、送る側が

「最高!」と思ってるまんま

こっちに届いているからね!

これからも共有していきたい




2019-07-11T06:19:16.jpg

とってもいい笑顔♡




2019-07-11T06:21:11.jpg

ヤスくんの雰囲気にぴったり♡






横ちょは相変わらず

まず自分が楽しまないと

お客さんを楽しませることが

できないと昔から考えています

って言うし、

ヒナちゃんも相変わらず

自分が楽しいかどうかを

基準にしないこと。

楽しむのはあくまでお客さん。

もちろん僕も総じて

楽しいんですけど

どこかで半分は仕事やと

思っておかないと

冷静になれないですからね




嗚呼、”2人で1つ”

相反するものがきちんと共存して

関ジャニ∞が

脱線しないように出来てる






そのときのコンディションや

気持ちによって

同じ人と同じ曲を弾いても

表情が変わる。

もちろんみんなで

きれいに弾くことも大事だけど、

みんなの”今”を一緒に形にして

伝えられることが

関ジャニ∞というバンドで

ステージに立つことの

面白さなんですよね。

そのなかで、ドラマーとして

自分が違和感なく

気持ちよく存在していられることが

本当に幸せ。

また、グループに優れた曲や詞を

作れるメンバーがいて

その人の中にある関ジャニ∞を

思いながら作り上げた楽曲を聴くと

自分のグループながら

すてきだなって思うんです




めちゃくちゃ関ジャニ∞のファンで

しかも、エイトのドラマーの

良い言葉です






今年の夏が楽しみ

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

横山裕の色気とは [∞雑誌・書籍]

an・an 2019.6.26 №2156

色気の哲学書 vol.12 

横山裕×浜野謙太




ハマケンの横山評は

”主役”っていうよりも”座長”って

感じがするんだよね。

自分のことだけじゃなくて

全体を見ている感じがするっていうか。

2019-06-20T06:14:35.jpg

納得の、横山評だ。






音楽、演技、バラエティと

多ジャンルで活躍する中で


ちゃんと観てる人に

届いているか、

アンテナを張っておくことは

大事やけど、

そこで左右されない

自分の芯みたいなもんは

持っとかないとね


人を貶めて取る笑いが

嫌いだと言う横ちょ。

つい、

ライブMCでもそうだといいな、

と思ってしまったww






色気って、俺は

その人の生きてる姿勢が

出るもんやと思うんだよね。

その人がその人なりの美学を

ちゃんと持って生きてたら

それが色気として

出てくるんちゃうんかな~




そう語る横ちょはこの先、

どんな色気が 

どんな感じで出てくるのかな!?

楽しみ~

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

横山裕 2019年からこの先へ [∞雑誌・書籍]

ザテレビジョンCOLORS vol.45

週刊テレビジョン 2019.7.17増刊号




Q.今6人でやってみたいことは?

ライブかな。

新しいことではないけど

この先ずっと6人で

やり続けていきたい。

これだけはね。

スキル的に成長しながらも

気持ち的には

変わらない部分であると

思うから





横ちょの答えはとても明快だった

2019-06-03T18:52:44.jpg






6人で表紙を飾った雑誌が2誌。

CUT 2019.1月号

_20181222_090754.JPG



音楽と人 2019.4月号

_20190228_181614.JPG




どちらも6人で撮影されたのに

座談会も対談も無し。

個人インタビューのみだった。

”個々人に語らせてくれた”

と言えば聞こえはいいが

”6人の気持ちの噛みあい度”は

全く分からなかった、

響いてこなかった






そんな中、

横ちょは「6人」ということを

強く意識していたと思うが……




【CUT 2019.1月号】

6人一緒の考えにはならへんし

ぶつかるし。

でも、それでいいと思うし。

別に仲良しこよしが

正解なわけじゃないですし




そう言われて、

では、どんなグループが

良いと思ってるのか、

分からなかった




【音楽と人 2019.4月号】

今、何が正解なのか、

本当に分からないんですよ。

それがわかんないから、

みんな生きてるんだろうし、

わかってたら、人生

何にも面白くないやろうし。

そういうのを見せるのが

関ジャニ∞かな、って




形あるものは終わるし、

絶対なものなんて

ないんだな、って




横ちょの捉える、

”その時の関ジャニ∞”は

分かったが

その先の関ジャニ∞は

全然見えなかった






そこから数か月を経て

ライブをこの先ずっと

6人でやり続けていきたい、

って。

はっきりした言葉を

久しぶりに聞いた気がする(笑)






そして、この雑誌でも

デイリーコラムでも

「これからもついていきたい」

って思ってもらえるような姿を

見せたい

ってことは

”これからも”がある、

そんな姿を見せてくれるんだ!




グループの年長者の言葉は

重みがある。

とても心に残ったよ






Q.最近手放しで笑ったことは?

マルに笑わせてもらうことって

すごく多いなって思う。

マルの場合、

天然の面白さではなくて

狙ってる面白さやと思うんだけど

アイツも大変やと思う。

シンドイと思うけど

自分の役目やと

思ってくれてるんだろうなって

思うからね。

めっちゃ感謝してる




メンバーがメンバーを

認めて褒めるって

だーい好き!

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | - ∞雑誌・書籍 ブログトップ