So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
∞舞台 ブログトップ
前の3件 | -

カゴツルベの演出家の振り返り [∞舞台]

BEST STAGE 2018.6月号



カゴツルベ 2009 青山劇場

_20180429_180116.JPG

演出;毛利亘宏




毛利さんは自分の劇団『少年社中』で

2008年に『カゴツルベ』上演。

翌2009年に青山劇場で

ヤスが主演して公演が行われた。


これが毛利さんにとって

大きな転機だったそうだ。




「初の商業演劇で、

右も左も分からない。

大変でしたね。

自信は全部

打ち砕かれました(笑)

200人規模でやっていた芝居を

1000人規模でやると

感覚がこんなに違うんだと

思いましたし、

商業演劇で作るスピード感に

対応するのが難しかった」


「自分の描きたいことは

脚本に詰まっているので

脚本を信じて、

それを軸にして

スタッフやキャストと対話して

本番に向かっていくのが

一番だなということが

わかりました」




ヤスも

座長として苦しんだ『カゴツルベ』。

ヤスの力量の足り無さだけが

ヤスの苦しみの元ではなく。


演出家も自分の演出というものに

苦しんでいたんだなぁ、と

今になって

改めて思い起こした

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

舞台泥棒役者 感想 [∞舞台]

舞台 泥棒役者 感想


”ブリーゼ”と言ったら

”モモコねーさんからの花”

DSC_1668.JPG

期待を裏切らないのがさすが!(笑)

右肩にうっすら小さく見えるのが

ヒガシ先輩とマルちゃんの名前…


もうさ、絶対これ、

分かっててやってる鉄板ネタよね


それでも撮って笑ってしまうって

完全にモモコねーさんの思うつぼ(笑)


実物を見ると

なんかご利益ありそうなのが

またにくいねぇ。

この花の前にお賽銭箱があったら

マジで

お金入れて拝むわ!私(笑)





今回は1階3列目、

上手ブロックで

マルちゃんが歩く通路そば。

等身大のマルちゃんが見れました




舞台もすぐ前で

ヒガシ先輩のスタイルのいい立ち姿は

さすがだと思いました。



マルちゃんともども

靴下になってるシーンでは

つま先まで動きがきれいだった。

ちゃんと足の指先まで

意識しているのがわかったよ




ストーリーは映画よりも

もっとコメディ仕立てになっていて。

そこに奥さんのセリフ回しが

とてもテンポ良くて

分かりやすかった





マルちゃんの演技は

私、すぐに

(MCの時に周りが真面目になってしまい

テンパってるときのマルちゃんだ!)

って思いました。


ライブの時に

周囲から浮いてるマルちゃん!

声も声の抑揚も表情も

終始そんな感じでした



コメディタッチなのは

マルちゃんに合ってると思ったよ、うん。

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

泥棒役者当日券で行って来ました [∞舞台]

2018.4.7 14時開演

当日券で見てきました



以下、入場までの覚え書き





なんとか仕事に目処がついたのが

金曜日の朝10時頃。

それでもとてもじゃないけど

有給で休んでいる場合じゃない。

半端ない仕事量で

自分で自分の首を

締めるようなもんだからね。

でも休日出勤しなくていいところまでは

こぎつけた。

これなら土日なら行けそう!


ということで…

でもお昼がカレー!

うはうは喜んで食べて

自分の席に戻ったのが

12:18



あーー、そーいえば

当日券の電話するつもりだったんだ

と思い出し

スマホを取り出した。

番号は登録してあったので

とりあえず掛けてみた。


その時浮かんだのは

イフオア当日券を取った人の話。

「思いがけずさっとつながったので

反射的に切ってしまった。

ちゃんと確認してから切るべし!」

ということで

「ただいまこみあって」を

聞いてから切る。


と思ったら

「こちらチケットぴあです」って!

ありゃーびっくり、

つながっちゃったよ


おねーさんからの、

当日券予約であること、

身分証のこと、

開演時刻と集合時刻、

支払いは当日現金のみ、

それらの注意を受けてから

フルネームとケータイ番号を告げて

その場は終了。

名前は漢字表記は訊かれなかった。



12:18なのを確認してから掛け始めて

つながったのが12:20


整理番号は『12』でした。

1人処理するのに

1分チョイ掛かってることになる。





当日は

最大のミッション!!(笑)

ヤスが横ちょにもらった柿の種を買うのを

最優先。


柿の種の色からどこで買ったか、

あっさり判明してたのはラッキーだった。

まさかこんなに早く買いに行けるとは…



柿の種からブリーゼブリーゼまでは

俺節で何度も乗った四つ橋線。

楽勝(?)で乗れた(笑)

西梅田で降りたら

イフオアで何度も行った、

ブリーゼブリーゼへの道は

体が覚えていました






7階に着いても

『当日券待機場所』は見当たらず

テキトーに待つよう言われたので

たちんぼしてました。

12:30過ぎに番号が呼ばれ始め

待機列が作られました。


それまで放し飼いだったのが

番号を呼ばれたら

フルネームを告げて番号順に並びます。

「12番の方」と呼ばれたのが12:40


この時、私の前では

3人が来てなくて係員から

「前に入ることをご了承ください」と

言われました。

ほどなく1人来て

名前確認のあと、

番号の場所に入られました。





13時になり

1番から順に1人ずつ

当日券ブースみたいなところに

進み出ます。


待ってる間に何度も

「身分証と現金を準備してください」と

係員から注意がありました。

スムーズな進行には大事なことね。


この時、

13:07に来た私の前の番号の方2名は

最後尾に並ぶように言われていました。

7分と言えど約束の時刻に遅刻は遅刻。

予約番号一桁なのにもったいなーーい。


というわけで私は10番めに

当日券ブースに入り

免許証を見せました。

それからS席代金を現金で支払ったら

チケットが裏を見せる形で渡されました。

見た瞬間に座席が分からないようにね。


受け取ってブースの外に出て

チケットを見たら

『1階C列』

中央ブロックではなく、

最後にお楽しみがあるところでした。

ラッキー!






自分が入ることで精一杯だったので

整理番号が何番まであったのか、

どんな席に割り振られたのか、

全く不明です



ただ、

目の前の舞台に

マルちゃんや東先輩が来て

芝居している足の先の動きや

生声があったので

見逃すまい聞き漏らすまいと

どこか冷静な私もいました




1人1枚になった当日券、

ぼっち参戦が平気な私に

幸運をありがとー

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | - ∞舞台 ブログトップ