So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
好きなこと ブログトップ
前の3件 | -

オーラルのアリーナツアーだよ [好きなこと]


2018.12.8

土曜日にライブに行ったんだけど

場所はエイトのアリーナツアーで

何度も行ってる名古屋ガイシホール

_20181208_151727.JPG

THE ORAL CIGARETTES

【Kisses and Kills Tour Arena series】

これもかっこよくて!

しかも全然アリーナ感無し!

まるでライブハウスだった




アリーナ席だったんだけど

椅子、いらなかったなぁ。

ブロック指定でよかったのに、

ぐらいの勢いで飛び跳ねてました




オープニングも

アリーナ会場だからどうなるかな?

気になってたけど

ちゃんと!いつものように!


\(ぱん)/

ただいまより

\(ぱんぱん/

THE ORAL CIGARETTESの

\((ぱんぱんぱん)/

Kisses and Kills Tour Arena series

日本ガイシホールの会を

\(ぱんぱんぱんぱん)/

始めたいと思います



待ってましたぁ~って感じで

手を叩く音がぐわぁーと響いて

もうそこから一気に駆け抜けた




照明が色鮮やかできれいで

音響もほんま、

ライブハウスみたいで。

会場の広さが全然気にならなかった




そして最後の最後、

アンコのおわりが見事な、

存在の消し方で

逆に印象に残ったよ




これは絶対ネタバレしないで行くべし




カッコいい音に気合をもらったよ

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高橋優【STARTING OVER】 [好きなこと]

これをかき上げるのに

何日かかっただろう!?

でもこのアルバムは

すごく聞きこんだ、

けどトータル「よかった!」

そうとしか表現できない、

残念な耳と書く力の持ち主は

私です(笑)




高橋優くんのアルバム、

【STARTING OVER】

買いました。



優くんのツアーに行き始めたのは

「今、そこにある明滅と群生」から。

私の地元のライブでは

私世代のファンが半数以上だったけど

熱いライブだった。

別の機会の胡坐も楽しかったし、

優くんのギターを堪能した




「笑う約束」ツアーは

最前列真ん中、

優くんの真ん前!という

優くんの歌う熱を生で浴びる席で

インディーズ時代の曲も

聞くことが出来て感動だった




ところがその後、

2016年に出た曲は

どれもハマらず。。。

”優くん、もう心の叫びは

自分の中に無くなったのかなぁ”

”優くんでなくても聞ける”曲になった、

そんな感じがして

積極的に聞く気が無くなっていた




その頃だったか、

アミューズの株主総会で

総会後のイベントのために

出席していた優くんに面と向かって

優くんファンの株主が

質疑応答ではっきりと

「高橋優はつまらなくなった!」

そう言い放ち、

優くんが「そう言ってくれるほど

僕の曲を聞いてくれて

ありがとうございます」

と返事したのを聞き

同じように感じている人が

いることを知った。

優くんの返事は

株主相手には正解の返しだっただろう、、

でもほんとの気持ちは分からない、、、






ライブに行けば何か、

感じ方が変わるかも!?と行った

「来し方行く末」ツアーは

【産まれた理由】で大号泣。

でもそれだけだった




以前、【大倉くんと高橋くん】で

話していた【BEAUTIFUL】

今日歌ってくれる曲が、あの、

僕が以前新幹線に乗っているときに

「優くんの曲、聞いて

景色見てたらなんか泣けてきちゃった」

みたいなことを送って

うんうん

それを聞いた優くんが

なんかそれをきっかけで

作ったみたいなんですけど

それは事実でしたっけ!?

そうそうそうそう

それでその話を聞いたうえで

またそれを聞いてると

飛行機の中でまた涙してしまった

わけなんですよ、

曲を聞いてね。

めっちゃ恥ずかしくなって

アイマスク付けて、あったかいやつ。

あったかーいのが、なんか

お湯みたいになっちゃったっていう

え!?まじで!?

そうなんです。

それでぜひこのリクエストで

優くんに

ライブで歌っていただきたいなと

昨日、

直談判させていただきまして

昨日急に。今朝方だったよね!?

メールが来てね




大事な人のことを想像しながら

聞いてほしいなって思います。

僕も自分にとって

本当に大事な人のことを

想いながら書きました。

誰のこと、歌ってんのかな?

って思うのに、たぶん、みんな、

自分に当てはめて聞けるんですよ



大倉くんきっかけで作った曲…

そう言われても

私にはハマらなかった。

今回のアルバムの取材の中で

優くんはこのころを振り返って

「ほんわかしていた。

ピースフルだった」と言っていた。

「優しいな~この人、みたいな」と。

優しいことはステキだけど

私は優くんの歌のソレとは

合わなかった






そのまま2017年は

1枚もCDを買わず

たまにラジオで流れてくるのを

聞くくらいだった。

胡坐も申し込まなかった。

ROAD MOVIEツアーは

地元で行われたので参戦。

池窪さんが目の前だったので

ずーっとギターひく指を見ながら

優くんの歌う声を聞いていた。

歌もギターもうまいなぁ…

それは間違いなかった






今年になって夏ごろから

優くんがツアーについて話しはじめ

アルバムを聞いて来てくれたら

絶対楽しい、とたびたび、

それでも控えめに(笑)

言うのを聞くにつれ

今年は期待できるのかも!?

ということでアルバムも買い

FC最速先行でチケットも取った




アルバム…

まずは昨年のライブDVDから見た(笑)

やっぱ優くんも!

絶対ライブのほうがいい!






で、【STARTING OVER】です。

これは配信で

お気に入りの1曲を買うのでは

味わえない、

1から16までを順に聞くことで

アルバム通しての物語というか、

起承転結のようなものを感じる、

アルバムらしいアルバムでした




1曲目の『美しい鳥』で

優くんの声を十分浴びて。

2曲目『ストローマン』で

こんなメロディで歌うんだ!?

ちょっと驚く。

14曲目『非凡の花束』で

そこまでの曲で溜まったものに

私の日常の光景が重なって

泣けてきた。



自分の、

なんていうことのない日常。。。

家事をして仕事に行って一日働き、

帰ったらまた家事をして、、、

その繰り返しの中で

気持ちが行き詰った時に

私に力をくれるのは

夫の存在!

なんの物語もない日常が

とってもありがたいものに感じられる、

いい歌だった




『STARTING OVER』

『プライド』と続いて

いい気持でアルバムが終わる、

するとまた聞きたい気持ちになる




とってもいいアルバムです






3回ほど聞いた後に読みました

2018-11-03T00:19:30.JPG

優くんの取説(笑)

一文も無駄が無い、

隅から隅まで読み応えあり!

優くんのギターコレクションが

本人の解説付きで見れる!




あー、このギターって

たっちょんの誕生日に

プレゼントのと同じやつだ。

ヤスは何を描いたんだろ!?

って眺めていたら

ワンオクのTAKAがメッセージで

「(優くんは)誕生日にアコギを

プレゼントしてくれた」と書いてる。

えっ!?

優くんは誕プレにアコギ選びがち!?

ってなったよ(笑)




特別寄稿の朝井リョウさんが

優くんのことを

「思ったことを言葉にして

伝えていかなければいけないと思った、

ということを

言葉にして伝えてくれた」

と書いているのを読んで

”ヤスみたい!”と思った。

……なんでも”ヤス”(笑)




もうしばらくして

6人の関ジャニ∞が軌道に乗ったら

こんな取説、欲しいな




優くんのライブ、楽しみだ

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

生きていればまた会える [好きなこと]

もし好きな歌い手が

目の前からいなくなってしまったら…



今回のすばるのこととは別で

私には前にもそんなことがありました






1976年1月に完成した歌本

『107SONG BOOK』

初版は路上ライブでの手売り。

_20180413_212925.JPG

私の中の42年分が詰まってる。

全部で107曲収録、

歌詞のあるものは今も歌えます、たぶん。




中はこんな感じ

_20180413_213005.JPG

メンバー手書きの楽譜と

写真が1枚と歌詞。

曲にまつわる文章が少し。


これが107曲分、あります。

そして最後に

譜面は単なる符号です」と。

音に万感込めて楽しくやりましょう




人が音楽。

音楽とはその人と人間関係を持つこと

生演奏しかやらない人たちでした






そのメンバーの一人が城田じゅんじさんでした。

以前にも書いたこと、ある。



城田さんはバンジョー弾きの名手!

_20180413_213753.JPG

『フォギー・マウンテン・ブレイク・ダウン』

バンジョーの名曲!

これを聞けば

その人のバンジョーの腕前はもちろん、

好き度まで現れる曲。


城田さんのは最高にいい感じだよ!






テレビにも出ていたし

大きな野外コンサートにも出たり

大ホールで公演したり。



行ける場所なら必ず聞きに行っていました。

仕事終わりに京都まで車すっ飛ばし、

深夜帰宅するのも

好きな音楽が聞ける楽しさで

全然苦にならなかった






それが、ある日、突然断ち切られた。

それもファンには

まったく関与しない出来事で。

見るのも聞くのもできなくなった…

私の手の届かない、

塀の向こうの人になってしまった…



と思ったけど、

音楽は残ったんだった。


CD、カセット(爆)、テレビ…

いつでも聞きたい時に

聞くことができた






何年か経って、城田さんは

また私たちの目の前で楽器を奏でた!

いなくなった当初は

もう絶対生では聞けないと思ってた。

でも

城田さんは生きてる、音楽を続けてる




野音で実際に聞いて握手した城田さんの手は

あったかいバンジョー弾きの手だった


それからは

小さいハコやライブハウスを主会場に

活動していて

ちゃんとCDリリースもしてる。

ま、メジャーではないので

配信もレンタルもない。

だから自分でHPチェックして

通販で買ってるんですがね(笑)




それでも城田さんが続けてる音楽に

ずっと触れていられる





あきらめたら、

自分から手を離したら

そこで終わり。。。

でも

あきらめなかったらまた会える、

生きてさえいれば





だから私は

すばるをあきらめない、手放さない




新しいすばるに会えるのは

いつになるのか、

今は想像もつかない



でも、いい



私がすばるを想っていれば

いつかまたきっと会える、

生きてさえいれば



それまでは

貯めてある音楽で

すばるのことを想っていくよ






この手書き♡

_20180422_210154.JPG

いい企画だったなぁ

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | - 好きなこと ブログトップ